読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無尽蔵に愛を人々に放つ

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ」の頁20に、『「自分、自分、自分・・・」と、自分のことばかりを考える人はエゴの人である。

 

人がどう見ているかが気になり、悲観的になり、ストレスが溜まる。

 

自らに壁を作り、個体化していく。

 

それに対し、「あなた、あなた、あなた・・・」と、いつもまわりの人に向かって愛を放つ人は、真の愛の人である。

 

自らの内にある真我の光をそのまま全体に向かって放つ人は、これからの愛の人である。

 

そういう人たちは、無尽蔵に愛を人々に放つことができる。

 

そして、自らにストレスが溜まることもなく、矛盾も生まない。

 

全体に向かって光を放つが、本当の愛の人なのだ。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170511193722j:plain

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、自らに壁を作り、個体化していくのだね。

 

そうなると、個体意識からの発想となり、偽我の自分の中の基準(固定観念、価値観、先入観、思い込み、拘りなど)に基づき、相手や自分を裁き続けながらの生き方になってしまうね。

 

この基準を満たしていない所ばかりが目に付き、マイナスと思いに耐える、もしくは、この基準を満たすために、頑張ることに一生懸命となる辛い日々を送り続けことになる。

 

どうしたら、そこから抜け出すことができるだろうか?

 

誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我、満月、まんまる)に意識を向け続けることだね。

 

そうすることで、偽我の自分の中の基準が薄れていき、相手や自分を裁くのではなく、相手や自分を認めることができるようになっていける。

 

今日も本当の自分に意識を向け続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願い致します。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

満月の法則

究極の完全なる目標設定

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ」の頁18に、『現時点から未来に向かって目標を立てると、本来の自分の役割とはかけ離れた目標を、自分の欲や損得で立ててしまうことになる。

 

本来、目標というのは、最も遠い未来から立てるべきものである。

 

最終目的地が決まってから、そこへ辿り着く道順が決まるのである。

 

アメリカに行く時は成田空港へ、北海道に行く時は羽田空港である。

 

死ぬ間際に、心から「素晴らしい人生だった」と思えることが、人生の最終目的地だ。

 

自らの死から人生を見た時、初めて、人生や時間の大切さがわかるのである。

 

そして、今日一日の生き方が変わってくるのである。

 

また、人は頭で神を知ろうとするが、不完全な心で完全な神が見えるはずはない。

 

完全なる神(宇宙意識)から人間を見、総てを見た時に、総てのものが全く違って見えてくるのである。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170510194908j:plain

 

死ぬ間際に、心から「素晴らしい人生だった」と思えることが、人生の最終目的になるね。

 

自分の欲や損得で目標を設定して、その目標を目指して生きていては、人生の最終目標を叶えることには繋がらない。

 

では、どうしたら良いのだろうか?

 

自分の欲や損得からの発想とは、対局からの発想で生きることになる。

 

完全なる宇宙意識からの発想で生きることだね。

 

そのためには、自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識を向けるのではなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我、満月、まんまる)に意識を向け続ける。

 

完全なるものに意識を向けると、自分が満たされてくる。

 

できていないことでなく、今、この瞬間、できていることに意識を向けると、自分が満たされてくるね。

 

今日も本当の自分に意識を向け続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願い致します。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

満月の法則

自然と湧き出る発想

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ」の頁16に、『今までの社会では、頭で考えたことを実現できることを素晴らしいことと言い、それを実現した人のことを成功者と呼んできた。

 

しかし、それならば、犯罪者でも成功者になってしまう。

 

人が頭に描くことは、どうしても欲や損得勘定に基づいたものになってしまう。

 

例えば、「この商品を売ろう」と頭に描いた時には、自分や会社のことしか考えていない。

 

他人を犠牲にしたり、不調和を生み出すもとになる。

 

それに対し、真我から愛が溢れてきた時、自然と湧き出る発想というのがある。

 

そこから生み出されたものは、総てが愛の生産物なのである。

 

だから、必ず他人にも喜ばれるのである。

 

そして、それは喜びに溢れ、悩みもなく、完全に調和されたものなのである。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170509202025j:plain

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いては、偽我の自分にインプットされたものをベースに発想することになるね。

 

その発想が、他人を犠牲にしたり、不調和を生み出すもとになってしまう。

 

真我から愛が溢れてきた時、自然と湧き出る発想というのがあるのだね。

 

その発想で生きるには、常に真我から愛が溢れている状態になれば良いね。

 

そのためには、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我、満月、まんまる)に意識を向け続けることだね。

 

真我の実践の継続で、どんどんエネルギーが高まってきて、内側からエネルギーが溢れてくる。

 

今日も本当の自分に意識を向け続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願い致します。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

満月の法則

人の業は光に変わる

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ」の頁14に、『人の精神構造は、「観念」「業」「真我」の三層から成り立っている。

 

一番表面の「観念」とは、どこかから入れた情報や知識から成り立っている。

 

その奥の「業(カルマ)」は、「遺伝子の記憶」と言い換えてもいい。

 

先祖代々受け継がれた遺伝子の記憶と、前世の記憶を土台として、親による育てられ方や過去の経験など総てが、記憶として細胞に染み付いている。

 

その記憶が、ある条件が揃った時に、一瞬にして蘇るのである。

 

それが、人から出てくる「心」である。

 

この心を変えない限り、人の人生は変わらない。

 

そして、さらにその奥にあるのが、「真我(神の心)」である。

 

「真我」は、宇宙意識であり、愛であり、光そのものでもある。

 

この「真我」が奥から湧き出てきた時、初めて、人の業は光に変わるのである。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170508201600j:plain

 

「業(カルマ)」は、「遺伝子の記憶」で、ある条件が揃った時に、一瞬にして蘇るのだね。

 

これが、目の前の現象に振り回されてしまう原因となる。

 

分かっていても、何回も同じ失敗を繰り返してしまうのも、これが原因なんだね。

 

業・カルマは、先祖代々受け継がれた遺伝子の記憶と、前世の記憶を土台としていて、膨大な記憶になる。

 

この業・カルマは、真我で光に変えることができるのだね。

 

そのためには、自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識を向けるのではなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分に意識を向け続ける。

 

これによって、目の前の現象に対して、どんどん反応が少なくなってきて、ありのままの事実を捉えられる自分になっていくことに気づけるね。

 

その反応が少なくなってくると、楽に生きることができる。

 

今日も本当の自分に意識を向け続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願い致します。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

満月の法則

人生における二つの道

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ」の頁12に、『人生には、二つの道がある。

 

一つはエゴの道、もう一つは真我の道である。

 

エゴの道とは、自我を出し、自我の満足のため、自分を守るために働く道である。

 

エゴの道を歩むと、人間関係に苦しみ、病気になり、不調和を生む。

 

エゴの道を突き進むと、その先は崖である。

 

真我の道とは、自らが愛そのものになり、愛で生きる道である。

 

真我の道を歩むと、人間関係も仕事もスムーズに進み、健康になり、調和を生む。

 

真我の道は、黄金の道である。

 

人は、エゴの道か真我の道のいずれかを必ず歩んでいるのである。

 

あるいは、どちらも歩まず、分岐点で迷って立ち往生しているのである。

 

両方の道を同時に歩むことはできないのだ。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170506084136j:plain

 

エゴの道とは、自我を出し、自我の満足のため、自分を守るために働く道なのだね。

 

それは、自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いて、そこからの発想で生きていると言える。

 

人はもともと調和している存在であり、宇宙に生かされているのだけれど、頑張ることに一生懸命になってしまい、その結果として、不調和になってしまうのだね。

 

だから、その逆をやれば良いと言うか、本当の自分で生きることで調和する。

 

そのためには、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我、満月、まんまる)に意識を向け続ける。

 

そのことで、宇宙に生かされている事実に気づくことができるね。

 

今日も本当の自分に意識を向け続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願い致します。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

満月の法則

真理の正しい受け止め方

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ3」の頁124に、『真理の受け止め方の五つ目は、真理を引き出したときに、自分の価値観が消えるパターンである。

 

これが、真理の正しい受け止め方である。

 

真理は、みな等しく真我であるということである。真我は、究極の愛、喜び、宇宙の心である。

 

そこには矛盾などないのであるが、私たちの行やカルマがフィルターとなって物事が歪んで見えるのである。

 

学びも真理ではない。

 

宇宙をいくら学んでも、それは知識の宇宙であって、真の宇宙ではない。

 

脳で考えても真理は絶対にわからないのである。

 

しかし、真我出てきたときに価値観は消える。

 

真我は脳で考えて出せるものはない。

 

真我の実践をしたときに、自分の考えや価値観が消えるのである。

 

そうなったときに、初めて、真理で生きていると言えるのである。』とある。

 

f:id:tamago0141:20160625071559j:plain

 

真理の正しい受け止め方は、真理を引き出したときに、自分の価値観が消えるのだね。

 

これは、自分でも分からないようなものも含めた過去の記憶の囚われが、外れたことであり、業・カルマが浄化されたとも言える。

 

引き寄せの法則とかで、願望が実現し続けていくことは、はたして良いことなのだろうか?

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)にとっては、良いことだね。

 

ということは、偽我の自分を強化していることになり、偽我の自分に意識を向け続けていることになる。

 

宇宙からすると不調和になり続けていることに、勘違いして、偽物の喜びを享受していることになる。

 

願望実現して、喜んでいることは、とても危険なことに気づけるね。

 

さんざん持ち上げられて、いつかはドスーンと突き落とされる。

 

極端に振れないと、気づくことができないだろうということかもしれない。

 

それよりも、願望が実現しなくて、そのプロセスで気づきが生じて、本当の自分(真我、満月、まんまる)に意識が向けられるようになるのが良いね。

 

まあ、本当は、どちらでも良いのだけれでも・・・

 

誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我、満月、まんまる)に意識を向け続けることで、本当の喜びに気づける。

 

今日も本当の自分に意識を向け続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願い致します。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

満月の法則

真理はノウハウや手段でない

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ3」の頁124に、『真理の受け止め方の四つ目は、真理という知識の中に自分の価値観をいれてしまうパターンである。

 

真理を言葉や知識として学んで、自分なりの真理という価値観を基調とした上で他の良いと思われる知識や考え方を、都合良く混在していくのである。

 

真理は、知識の入力、いわゆるインプットではなく、自身の中からのアウトプットであるから、真理を頭で学ぶことはできない。

 

真理は、ノウハウでも、何かの手段でもない。

 

にもかかわらず、真理を一つの考え方として捉え、他にもよさそうなものがあれば、それも取り入れていくのである。

 

一見、真理を語っているように見えて、実は、頭の世界だけの話なのである。

 

学びの世界と同様、知識の中にない出来事に遭遇した場合には、対応ができない。』とある。

 

f:id:tamago0141:20160625071547j:plain

 

真理は、ノウハウでも、何かの手段でもないのだね。私は真我開発講座を受講してから、20年間、真我開発を手段として捉えていた。

 

その20年間は体感が得られることも無かったが、その間違いに気づいてから、体感が凄くなり、現在は24時間、体感している状態になった。

 

その違いがは何なのか?

 

どこに意識を向けているのかとも得るし、頭の使い方は違うと思う。

 

仕事なら、頑張らないとやった気がしないという感覚は、無くなるね。

 

真我に意識を向け続けると、本当に普遍なものにこそ価値があり、普遍でないものは、語弊はあるかもしれないけど、どうでも良いという感覚になってくる。

 

絶えず変化しているものを追い求めているのは、何なのだろうかと思えてくる。

 

今、この瞬間、喜びを感じていて、それが持続し続ける。

 

この喜びは、願望を実現するという喜び、偽物の喜びではないからこそ、持続し続けるのだね。

 

今日も本当の自分に意識を向け続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願い致します。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

満月の法則

YSブログ研究会