真我を開く最大のコツ

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ」の頁48に、『一度、真我を開いた人でも、毎日にさらに開き、継続的に良くなっていく人と、段々閉じてしまい元に戻ってしまう人がいる。

 

真我を開き続けるコツは、真我を実生活に活かし切ることである。

 

土で作ったダムに小さな穴を開けると、その穴から水が流れだし、どんどん穴は大きくなっていく。

 

さらに穴が大きなって、大量の水が流れるようになれば、やがては、ダム自体がなくなってしまう。

 

真我も同様で、日々使っていれば徐々に開き続け、やがては、全身が真我そのものになっていくのである。

 

物理の法則は使えば減るが、生命の法則は使えば増えるのである。

 

良い悪の判断をせず、どんどん実行していくことが真我を開く最大のコツだ。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170525190108j:plain

 

良い悪の判断をせず、どんどん実行していくことが真我を開く最大のコツなのだね。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)である肉体と心に、意識が向いていると、自分(偽我)の中の基準(固定観念、価値観、先入観、思い込み、拘りなど)に囚われてしまう。

 

その基準によって、良い悪いの判断をし続けることになる。

 

これが個体意識からの発想で、どんどん不調和なっていき、悩みや苦しみが生じて、病気になってしまうかもしれない。

 

偽我の自分に意識を向けるのではなく、本当の自分(真我)に意識を向けることで、囚われてしまっていた基準が外れていく。

 

良い悪いの判断でなく、あらゆることを受け入れることができるようになっていく。

 

どんどん調和していくことで、エネルギーが高まり、人生が素晴らしくなっていくね。

 

今日も本当の自分に意識を向け続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

神のメッセージ

教えしか頭に浮かばない

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ」の頁46に、『心の世界を学ぶ人の中には、心をコントロールされてしまう人がいる。

 

マインドコントロールとは、一人の教祖的な人物から教えをもらい、その教えで頭の中をいっぱいにしてしまうことである。

 

そして、その考えしか頭に浮かばなくなってしまう状態である。

 

その結果、プログラム通りに動くロボットのようになってしまうのである。

 

これに対して真我とは、人から教わらなくてももともとある愛の心である。

 

あらゆる動物がもともと持っている宇宙の本能なのである。

 

親は子どもを可愛がるのは、宇宙の本能なのである。

 

真我の心を出していくことと、マインドコントロールされることとは、全く正反対なのである。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170524192342j:plain

 

真我とは、人から教わらなくてももともとある愛の心で、あらゆる動物がもともと持っている宇宙の本能なのだね。

 

頭にインプットした教えからの発想ではなく、もともとある愛の心からの発想で生きることが、宇宙の法則に従うことになる。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、頭で考えながらの損得勘定の動きになる。

 

こうなったらとか、ああなったらとかの条件付きの喜びを追い求め続ける人生となってしまう。

 

しかし、それは本当の喜びではなく、感覚的な喜びであり、一過性のものになるね。

 

偽我の自分に意識を向けるのではなく、本当の自分(真我)に意識を向け続けることで、もともとある愛の心に気づいていく。

 

その愛の心は、無条件の喜びであり、それは途切れない。

 

そこからの発想で生きることで、人生は素晴らしくなるね。

 

今日も本当の自分に意識を向け続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

神のメッセージ

一挙に総てが良くなる

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ」の頁44に、『過去の宗教も成功哲学も、ほとんどが潜在意識を開発するものだった。

 

何か一つの目標を実現するために、潜在意識を開発しようとしていた。

 

そのため、たとえ一つの目標を達成できても、その代わりに、健康や家庭や人間家系が崩壊してしまったというようなことが少なくない。

 

潜在意識の開発は目標を未来に置くため、それを達成するまでは成功できない。

 

しかし、宇宙意識に目覚めれば、一挙に総てのものが良くなるのだ。

 

宇宙意識とは愛そのものだから、仕事も健康も家庭も人間家系も、総ての問題が解決するのである。

 

宇宙意識は全体意識だから、こだわりがなくなるのだ。

 

そして、いつでも自分の中から喜びの光が湧き上がってくるだ。

 

宇宙意識を開発すれば、今この場で成功者なのである。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170523211633j:plain

 

潜在意識の開発は目標を未来に置くため、それを達成するまでは成功できないのだね。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)である肉体と心に意識が向いた、そこからの発想で目標を設定すると、不調和を加速させることになる。

 

だから、目標を達成できても、その代わりに、健康や家庭や人間家系が崩壊してしまったというようなことが少なくないのだね。

 

偽我の自分に意識を向けるのではなく、本当の自分(真我)に意識を向け続けることで、心の中の想念や妄想が静まり、本当の自分(真我)に気づいていく。

 

そうすることで、どんどん調和していき、総ての問題が解決するのだね。

 

今日も本当の自分に意識を向け続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

神のメッセージ

一つにみんなつながっている

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ」の頁42に、『森の木の一本一本は、バラバラに立っているように見えるが、根を支えている土壌は同じである。

 

根を支え、根に栄養分を与えている土壌が痩せてしまうと、木は枯れてしまう。

 

一本だけでなく、同じ土壌が支えている木々はみな同時に枯れてしまうのだ。

 

木々は同じ土壌に支えられ、同じ土壌でつながっているからだ。

 

木と土の関係と同様、あなたのまわりの人に起きる問題は、その人だけの問題ではないのだ。

 

あなたとあなたのまわりの人たちとは、深いところでみんなつながっているのだ。

 

だから、まわりの人に起きる問題は、あなたの問題でもあるのだ。

 

身近な人に問題が起こったら、まず自分の問題でもあると受け止めることだ。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170522195148j:plain

 

身近な人に問題が起こったら、まず自分の問題でもあると受け止めることなのだね。

 

これは、頭にインプットした知識として捉えるのではない。

 

知識として捉えるのは、5感の認識がすべてと思い込んでしまって、何でも分けて発想してしまうからだね。

 

自分は自分で生きていると言う思いが強いのも、自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)である肉体と心に、意識が向いているからになる。

 

個体意識からの発想だからだね。

 

偽我の自分に意識を向けるのではなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続ける。

 

心の中から湧き上がって来る想念や妄想は、本当の自分(真我)からのものではないとすれば、その想念や妄想に反応せず、それらに振り回されることが無くなる。

 

そうすることで、心の中の想念や妄想が静まってくると、本当の自分(真我)に気づくことができるね。

 

そこからの発想で生きることで、物事の捉え方が変わり、人生が素晴らしくなる。

 

今日も本当の自分に意識を向け続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

意識次元で視野が変わる

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ」の頁40に、『意識次元が上げると、視野が変わる。

 

今までよりも、より広く物事を捉えることができるのである。

 

地面に立って見ると、自分の町だけしか見えないが、少し小高い丘の上に立って見ると、隣の町ともつながっていることがわかる。

 

自分の町も隣の町も一体になり、全部、自分の町に見えるかもしれない。

 

人間関係においても同じである。

 

意識次元を上げることによって、相手を受け入れる心になれるのである。

 

そして、やがては、お互いが一つであることに気づくことができるのである。

 

意識次元を上げることによって、自分から家族へ、家族から町へ、町から国へ、国から世界へと視野は広がる。

 

そして、地球には国境などなく、地球は一つなんだと気づくことができるのだ。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170521100313j:plain

 

意識次元が上げると、視野が変わり、より広く物事を捉えることができるのだね。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)である肉体と心に、意識が向いていると、自分は自分で生きていると言う思いが強い。

 

そこからの個体意識からの発想では、分離感が強まり、どんどん不調和になってしまい、意識次元は上がらないね。

 

意識次元を上げるには、偽我の自分に意識を向けるのではなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に、意識を向け続けることになる。

 

心の中の想念や妄想のような粗い波動に振り回されていると、物質への執着が外れないね。

 

本当の自分である真我に意識を向け続けることで、もっと精妙な波動を感じることができると、どんどんエネルギーが高まり、物事の捉え方が変わっていく。

 

変化するものではなく、変化しないものに価値があると思えてくる。

 

相対的なものでなく、絶対的なものに価値があると思えてくる。

 

感覚的な喜びは、変化するものに対する喜びであって、本当の喜びでないことに気づくことができる。

 

幸せになるための手段として、感覚的な喜びを増すことだと思い込んでしまっていると、永遠に本当の幸せは訪れないね。

 

本当の幸せは、生命の本質に気づくことで訪れるのだね。

 

今日も本当の自分に意識を向け続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

神のメッセージ

 

総ての運命が変わる

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ」の頁38に、『予言者が、なぜ人の未来を当てることができるのか。

 

それは、その人の心見れば、未来がわかるからだ。

 

「三つ子の魂百までも」と言われるように、人の心はなかなか変わらない。

 

この人のこの心のままだったら、会社を興しても倒産させるだろうとか、ガンになってしまうだろうというのは、最初から決まっているのだ。

 

人類も、今のまま行けば、滅亡の方に向かっている。

 

未来を変えるには、意識次元を上げる以外にはないのだ。

 

意識次元が変われば、その瞬間に未来も変わるのである。意識次元が変われば、心が変わり、人相が変わり、手相までもが変わる。

 

そして、総ての運命が変わるのである。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170521072917j:plain

 

意識次元が変われば、心が変わり、人相が変わり、手相までもが変わって、総ての運命が変わるのだね。

 

自分は自分で生きていると言う思いが強ければ、自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)である肉体と心に、意識が向いている。

 

それでは、エネルギーが下がり、意識次元は下がっていく。

 

意識次元を上げるには、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向ける。

 

そうすることで、体を流れる生命エネルギー(氣、プラーナ)を感じることができてくる。

 

本当の自分(真我)に意識を向け続けることで、常に生命エネルギーを感じるようになってくると、宇宙に生かされている存在なのだとしか思えなくなってくる。

 

そこからの発想で生きることで、物事の捉え方が変わり、意識次元が上がるね。

 

今日も本当の自分に意識を向け続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

神のメッセージ

徹底的に本当の自分を知る

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ」の頁36に、『チューリップの種は、最初からチューリップに咲くと決まっている。

 

人もまず因(たね)を知ることが大切なのである。

 

それは、本当の自分とは何かを知ることである。

 

人には、天から与えられた役割や才能がある。

 

全員が天才なのである。

 

しかし、チューリップも、土や太陽、水や肥料に恵まれないと、花を咲かせることはできない。

 

それと同じく、人も縁に恵まれないと、その才能は実を結ばないのだ。

 

どういう人と出会うかによって、芽が出るか否かは決まってしまうのだ。

 

縁に恵まれるためには、徹底的に本当の自分を知り、魂に磨きをかけることだ。

 

そして、自分の才能を活かしてくれそうな人に、どんなことをしてでも会うことだ。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170520064228j:plain

 

人は、本当の自分とは何かを知ることで が大切なのだね。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)である肉体と心に、意識が向いていると、本当の自分(真我)には気づくことなく、一生を終えてしまうかもしれない。

 

偽我の自分で生きることは、宇宙からするとどんどん不調和になっていくので、悩みや苦しみの多い人生になってしまう。

 

自分は自分で生きている思いが強く、頑張り続けても、本当の幸せを得ることはできない。

 

こんなに頑張っているのだから、何とかなるのではと言う思いは、宇宙の法則に沿っていないのだね。

 

では、どうしたら良いのだろうか?

 

偽我の自分に意識を向けるのではなく、本当の自分(真我)に意識を向け続けることだね。

 

そうすることで、心の中の想念や妄想が静まって、澄み切ってくる。

 

さらには、エネルギーが満ちてきて、宇宙に生かされている存在なのだと思えてる。

 

そこからの発想で生きることで、物事の捉え方が変わり、人生が素晴らしくなっていく。

 

今日も本当の自分に意識を向け続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

神のメッセージ

YSブログ研究会