意識の壁を打ち破っていく

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ2」の頁24『私たちが、何かの状況を乗り切るときに、ブレークスルー思考といって、自らの発想の壁、限界を打ち破るといった発想がある。

 

このように、観念上の良い話などを聞いて、自分の今まで持っていた考え方や発想が崩れ、更にもっと広がっていく方法は、「横のブレークスルー」と言っている。

 

これに対して、真我を開発するとは、「縦のブルークスルー」である。

 

知識ではなく、意識の壁を打ち破っていき、意識の一番深いところ、魂の部分まで深く掘り下げていくこと、究極の意識、「真我」を体感することである。

 

そして真我の心が溢れ出せば、外から知識を入れることによって考え方を変えなくても、結果的に発想も考え方も広がってくるのである。

 

深く入れば結果的に広くなるのである。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170130210849j:plain

 

真我の心が溢れ出せば、外から知識を入れることによって考え方を変えなくても、結果的に発想も考え方も広がってくるのだね。

 

意識の壁を打ち破るには、波動を高める。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、波動は高まらない。

 

目に見える物質はエネルギーレベルが低く、そこに意識が向いていると、波動は高まらないね。

 

偽我の自分に意識を向けるのではなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続ける。

 

偽我と真我で、どちらに意識を向けていることが長いかが重要であり、5感の認識が強力で、圧倒的に偽我が長ければ、意識の壁を打ち破ることは難しいね。

 

偽我を捨て去るぐらいで、真我に意識を向けることは、今までの自分が無くなっていくことになり、偽我が物凄く抵抗する。

 

その抵抗が意識の壁なのだね。

 

今日もナーダ音に意識を合わせ続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

神のメッセージ 2 

自分の正体はこれだという把握

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ2」の頁22『あなたが「自分」と言うとき、そこには3つの自分がいるのだ。

 

自分で評価する自分。

 

他人が評価する自分(あなた)。

 

そして、真我を開いて初めて実感できる「本当の自分」である。

 

人が評価する自分(あなた)は、実はその人が見る自分(あなた)であって、あなたの実体ではない。

 

あなたが自分で評価する自分も、結局は、自分の心を通した思い込みの自分である。

 

いずれも、その人の心の色を通した自分である。

 

あとから付け加えた知識、価値観からでもなく、もともと備わっている真我が本当の自分なのである。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170708174752j:plain

 

知花敏彦著「神」の頁175~176『・・・この肉そのものに生命があって、肉そのものが生きていると思っているのです。

 

あなた方は、外側という表現、霊によって表現されているものの支配下に置かれているのです。

 

ほとんどが、肉のために生きています。

 

お化粧をするために、口紅を塗るために、奇麗な洋服を着るために、美味しい御馳走を食べるために、豪華な家に住むためにという物質観念。

 

うんと学問がなければならない、うんと金を儲けなくてはならない、うんと人を支配しなくてはならないという欲望的観念。

 

非常に恐ろしい悪魔的な生活をしているのではないでしょうか。

 

あなた方一人一人の実相、即ち、実際の自分というものにまだ気付いていないのです。

 

あなたの正体は何でしょうか。

 

一体全体、自分というものは何ものなんでしょうか。

 

あなた方は自分で自分を追求して、自分の正体はこれだという把握をしておられるのでしょうか。

 

これを把握して、あなた方がその正体通りのものの考え方、そして、生活をしているのならば、あなた方は復活したものとなっております。

 

あなた方は、即、霊なんです。

 

霊のみが生きて、霊のみが働いて、霊のみがあなた達の存在を保っているのです。

 

霊の他に何もありません。

 

唯一の実在とは何でしょうか。

 

それは霊なのです。

 

霊なくして何も存在しないのです。

 

その霊が、私(自分)なのです。

 

だからあなた方は、自分が霊である事を知っているのでしょうか。

 

その霊的自覚が出来ているのでしょうか。』とある。

 

自分の正体はこれだという把握をするには、自分が霊である事を知って、その霊的自覚が出来ているのかなのだね。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識を向けるのではなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続けることで、本当の自分(真我)に気づいていく。

 

今日もナーダ音に意識を合わせ続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

神のメッセージ 2

頭で学ぶのでなく引き出す

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ2」の頁20『現象面の原因である心は、大きく3つの部分に分けて説明できる。

 

表面は、「観念(頭)」といって、心を頭で理解する部分である。

 

プラス思考、愛や感謝の心が大切だと、インプットによって頭では分かっている部分である。

 

頭で「プラスに思おう」と思っても、そうでない心が外の条件がきっかけで湧き上がって来る。

 

この心が、過去の体験、経験から細胞に刻み込まれた、記憶である。

 

これを「業(ごう)・カルマ」という。

 

遺伝子・前世・そして今世での記憶である。

 

この「業」が実在しない闇の心だとしたら、その奥に、光の心である「真我」がある。

 

つまり、あなたの真の実在「本当の自分」である。

 

それは、内なる神の心、内なる仏の心、宇宙の心、愛そのものといってもいい。

 

これを頭で学ぶのでなく、元々在るのだから引き出すのである。

 

そして、闇は光で消され、真我が原因になって、そのまま現象面に表していくことが真我開発である。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170707203557j:plain

 

プラス思考、愛や感謝の心が大切だと、インプットによって頭では分かって、頭で「プラスに思おう」と思っても、そうでない心が外の条件がきっかけで湧き上がって来るのだね。

 

心をコントロールしたくても、心に振り回されてしまう。

 

心の中が想念や妄想で混乱していると、心をコントロールできない。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識を向けるのではなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続ける。

 

心の中の想念や妄想が静まり、心の中が澄み切ってくると、目の前の現象に対して、以前は反応していたのに反応しなくなっていることに気づくことが増えてくる。

 

そうなると、常に穏やかな状態が続いていくね。

 

今日もナーダ音に意識を合わせ続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

神のメッセージ 2

 

ユートピアが展開される

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ2」の頁18『世界は、外に起きている現象面(外界)と、その現象面に反応している心(内界)がある。

 

この宇宙のシステムは、必ず、原因と結果の法則が働いていて、それは、針の穴のような、どんなに小さなところであっても、原因の無い結果はありえない。

 

私たちがよく言う、「運が良い」「運が悪い」というのにも、原因があるのである。

 

そういった、私たちの現象面(外界)を作り出している原因が、私たちの心である。

 

現象面を幸せと捉えるのも、不幸せと捉えるのも、現象面(外界)に反応する内界、つまり私たちの心が決めることであり、また、その心が現象面に反映されるのである。

 

私たちの運命という結果の原因である心。

 

その一番奥にある「真我」が外界に反映され、また外界を「真我」からみたときに、まさにそこにはユートピアが展開されるのである。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170706210741j:plain

 

現象面を幸せと捉えるのも、不幸せと捉えるのも、現象面(外界)に反応する内界、つまり私たちの心が決めることであり、また、その心が現象面に反映されるのだね。

 

心で決めたくても、現象面(外界)に勝って反応してしまって制御できずに、悩みや苦しみが生じるのは、波動が粗く意識が低くなってしまっているからになる。

 

波動が粗くなってしまうのは、自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いているからだね。

 

偽我の自分に意識を向けるのではなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続けることで、波動が精妙になっていく。

 

気分が軽やかになって、物事の捉え方が素晴らしく変わっていく。

 

今日もナーダ音に意識を合わせ続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

神のメッセージ 2

 

原点である両親との関係を修復する

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ」の頁130『洋服を着る時、一番最初のボタンを掛け違えると、最後までズレてしまう。一つ一つは掛けることはできるが、最後にズレて掛けていたことに気がつくのだ。

 

ズレたままの人生を送っていても気がつかず、死ぬときになって、「こんなはずじゃなかった・・・」と思って死んでいく人が多いのではないだろうか。

 

総て、最初のボタンを掛け違えているからである。

 

最初のボタンとは、両親との関係である。

 

生まれてまもなく、両親がケンカばかりしていたり、きつく叱られたりしたら、そのことがトラウマとなって、親に対して憎しみや恨みを抱いてしまうことがある。

 

それが、大人になっても、人間関係に悪影響を及ぼすのである。

 

両親との関係がズレていると、総てがズレた人生を送ってしまうことになる。

 

だから、原点である両親との関係を修復することが必要なのだ。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170705194341j:plain

 

両親との関係がズレていると、総てがズレた人生を送ってしまうことになるから、原点である両親との関係を修復することが必要なのだね。

 

5感で認識た世界で形成された価値観に基づいて生きていると、宇宙との関係がズレることになる。

 

人間を創った宇宙の法則に沿って生きることで、素晴らしい人生となる。

 

ガン細胞は人間が創ったものでないのに、がん細胞は悪者だとされてしまっている。

 

宇宙が創ったものなら、不調和な状態を調和な状態にするためのものだと直感的には思う。

 

個人的には、がん細胞は血液の汚れを浄化するための細胞であると捉えていて、がん細胞が生じたら、血液を汚す生き方から血液を汚さない生き方に変えることで、がん細胞は消滅すると思っている。

 

さらには、波動を高めることで、あらゆる不調和は調和される。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、波動は高まらないね。

 

心の中の想念や妄想が混乱していて、粗い波動(邪気)を放出し続けることになる。

 

偽我の自分に意識を向けるのではなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続けることで、心の中の想念や妄想を静めて、心の中を澄み切らせる。

 

気分が軽やかになり、物事の捉え方が素晴らしく変わっていく。

 

今日もナーダ音に意識を合わせ続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

神のメッセージ 

 

人のありがたみや大切さがわかる

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ」の頁128『人間は、どこまでいっても未熟な存在で、完全になれる人など一人もいない。

 

”自分の頭のハエを追えないのに、人の上のハエを追えるか?”という言葉があるが、それは間違っている。

 

自分の上のハエばかり追っている人が、本当に魅力的と言えるだろうか。

 

それに、一生かかっても自分の上のハエは追いきれないものである。

 

だから、まわりの人と、お互いの頭の上のハエの追い合いをすればいいのだ。

 

そうすることで、人のありがたみや大切さがわかるのだ。

 

そして、人に役立っている喜びを味わうことができるのだ。

 

人と助け合ったり、譲り合うことの尊さがわかるのだ。

 

これからの時代は、”お互いの頭の上のハエを追う”生き方をすることである。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170704220844j:plain

 

黎明 下巻 頁170に『・・・他の人の欠点が見えるということ自体、見る人がその幻影を造り出す波動を持っており、なおかつその欠点を許していない、つまり自分自身の迷いを相手に投影して見ており、それが真実でないものを見ている状態であると言う事実に気付いていないわけです。

 

ところが他人を非難する行為はこの事実関係を覆い隠して、恰も自分が相手より勝れた存在であり、相手の欠点を正しく把握していて、しかもその欠点が自分とは無縁であるかのように自分や他人に思い込ませようとします。

 

これは自我意識が生み出す巧妙な策略であり、霊性の向上にとって極めて有害なものですから、充分に気を付けて頂きたいと思います。』とある。

 

相手の欠点が見えるのは、相手の偽我(偽りの自分)に意識を向けている自分の問題なのだね。

 

自我意識が生み出す巧妙な策略を知ることは非常に重要であり、相手の欠点が見えた場合には、相手の真我(本当の自分)に意識を向けなおすことになる。

 

欠点を見させてくれた相手がいたからこそ、自分の意識の向け方の間違いに気づくことができ、相手に対して、とても有難い存在なのだと思えてくる。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識を向けるのではなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続ける。

 

今日もナーダ音に意識を合わせ続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

神のメッセージ

【新版】黎明 下巻

自分自身が光そのものになる

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ」の頁126『自分のことしか考えない人は「エゴが強い人」と非難され、人とぶつかる。

 

自分を犠牲にして「人のため」と言っている人は、実は本心でないことが多い。

 

隣の国の戦争よりも、自分の顔にできたニキビの方が気になるものだ。

 

「人のため」というのは「偽り」になるのである。

 

自分のためにやるとエゴになり、人のためにやると偽りになる。

 

灯台は遠くを照らすが、足元は真っ暗である。

 

だからと言って、足元を照らしたら、遠くの船を照らすことはできなくなる。

 

では、どうしたらいいのか。

 

それは、灯台自体が光になることである。

 

灯台自体が光になれば、その光は、足元も遠くも照らすことができる。

 

自分自身が光そのものになれば、まず自分が喜びでいっぱいになり、自分の近くにいる人から順番に明かりを照らすことができ、一切の矛盾がなくなるのである。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170703192401j:plain

 

自分自身が光そのものになれば、まず自分が喜びでいっぱいになり、自分の近くにいる人から順番に明かりを照らすことができるのだね。

 

光そのものになるには、波動を高めていく。

 

心の中が想念や妄想で一杯だと、粗い波動になっている。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、心の中の想念や妄想の混乱はいつまでも続いている。

 

偽我の自分に意識を向けるのではなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続けることで、心の中の想念や妄想を静めていく。

 

やり続けることで、心の中が澄み切っていき、体中を調和の波動で満たしていく。

 

どんどん内なる光が増していくね。

 

今日もナーダ音に意識を合わせ続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

神のメッセージ

YSブログ研究会