読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すべてが一気に同時に変わる

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ3」の頁48に、『今、目の前に現れている現象は、心が原因である。恨みの気持ちを持っていたとしたら、その心が言動に表れて人間関係がうまくいかなくなり、その心でお客様に向かっても仕事がうまくいかず、うまくい…

善き言葉には力がある

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ3」の頁46に、『善き言葉には力がある。 「ありがとうございます」、「ごめんなさい」などを口ぐせにしていると運が良くなると言われるが、これらの言葉は浄水器のようなものである。 心の中に、恨みやつらみや憎し…

今のままで完全・完璧

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ3」の頁44に、『あなたは、完全、完璧である。もともと生まれたときから、完全、完璧なのである。それは、一般的にいわれているところの、非の打ちどころがないということでも、完璧主義ということでもない。今のま…

認めると変化は大きくなる

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ3」の頁42に、『真我は頭で考えても理解できない世界である。 同じく、私たちの抱えている業やカルマ、一般的にいう心も目に見えないものである。 自分の心でありながら、そこに何が詰まっているのかがわからない。…

相手と自分の喜びが1つになる

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ3」の頁40に、『私たちは頭で考えて、言葉を使い、行動する。 頭で考える世界は、その人の価値観の世界であって、人それぞれ違う。 自分の損得勘定や、過去の出来事の影響、あるいは学習してきたことなどが、自分の…

業・カルマを消す作業

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ3」の頁38に、『悟りを求める人は、自分の抱えている業やカルマを消して、その奥の真我に辿りつこうと試みる場合が多い。滝に打たれたり、何時間も座禅や瞑想をしたりして、表面にある自分を消し去って、究極の境地…

今この瞬間の最適な判断

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ3」の頁36に、『人間は、過去の記憶によって判断し行動している。 たとえば、野生のシマウマはライオンに見つけられると全速力で逃げるが、その場をやり過ごしてしまったあとは、ライオンに追いかけられたことを恨…

真理は対立しない

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ3」の頁34に、『こちらが正しい、こうすべきだ、こうあらねばならないというのは、価値観である。 世の中の問題は、ほんとんどが価値観の相違から生まれているといっても過言ではない。 一般的な宗教戦争も価値観の…

変化を認め確信を深める

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ3」の頁32に、『人の本質は真我であるから、真我から湧いてくる心、言葉、行動で行くと、矛盾のない調和の世界で生きることができる。 そのためには、常に自分の真我を引き出す訓練をし、何が起こってもハンドルを…

軽やかに生きる

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ3」の頁30に、『人は前へ前へと進もうとする。 成長を、より知識を詰め込んで前進していくことと評価する観念を持っている。 しかし、いくら前に進んでも、その高さは変わらない。 高さが変わらないというのは、意…

意識次元を上げるとは?

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ3」の頁28に、『人は無限次元で生きている。 次元とは、物の捉え方のことである。 物事の捉え方は、自分の背負っている記憶に起因する。 記憶とは、人に内蔵されているプログラムのようなものである。 あるデータが…

宇宙の中心にフォーカスする

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ3」の頁26に、『何事にも、中心がある。 体の中心に重心を置けば、バランスを保って楽に立っていられる。 家庭や会社にも中心がある。 みんながばらばらの方向を向いてしまうと、進むべき道に進むことはできない。 …

物事の捉え方は無限

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ3」の頁24に、『運命も宿命も、変えることは可能である。宿命というものは、先祖から受け継いだ性格や環境だとしたら、運命は、それらと生きていく過程に置いて訪れる縁によって現れる現象である。たとえば、家業で…

人間の本質は宇宙意識

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ3」の頁22に、『宇宙の真理に沿って物事を進めると、何もかもうまくいく。 政治はこのように、教育はこのように、医療はこのようにと、人は分離して考えてしまう。 すべてはつながっている事柄を、違うものとして分…

思考の枠を超越する

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ3」の頁20に、『今の自分のままであると、未来はどうなるかということの予想は大体つく。 今までの思考から発する言葉や行動の結果は、今までの延長線上にしかない。 訓練して、思考をコントロールしたとしても、思…

積極的に環境を変える

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ3」の頁18に、『目の前に引き起こされている現象は、すべて、根本原因と環境原因から成っている。 根本原因とは、その人の潜在意識にある記憶である。 一方、環境原因は、自分を取り巻く人やモノである。 現象を変…

原因も結果もない世界

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ3」の頁16に、『因と縁が反応して、果になる。 ということは、因が変われば、果がかわるということである。 チューリップの種は、どこに植えようとチューリップにしか咲かない。 では、私たちの人生も既に決まって…

謎は縦の人間関係にある

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ3」の頁14に、『両親との関係は、人生に大きな影響を与える。 なぜならば、両親のとの関わりの中に、根本原因と環境原因のどちらも入っているからである。 人は、生まれたときから、両親の遺伝子の記憶を引き継いで…

苦手な人に感謝できる発想

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ3」の頁12に、『Aさんとはとても馬が合うし仲良くできる。ちょっとしたことがあっても、よい関係でいることができる。 一方、Bさんとは、会えば、すぐに言い合いになってしまう。 だから、Bさんとは関わらないよう…

もともと最初から完全

心の学校 佐藤学長の「生命の覚醒」の頁237に、『・・・勉強の悟りというのは、知識の悟りです。 修行の悟りというのは、精神の悟りです。 でも私がいわんとしているのは、命そのものの悟りです。 命の悟りというのは、時間がかかりません。 なぜならば、も…

人生で最も大切なもの

心の学校 佐藤学長の「生命の覚醒」の頁234~235に、『・・・真我を開くことによって、みなさんの考え方が変わるし、出てくる言葉も態度も顔つきまでも変わります。 そうすると、これはどういうことかというと、真我を開くということは、何よりも優先順位の…

唯物主義と唯心主義

心の学校 佐藤学長の「生命の覚醒」の頁232~233に、『・・・世の中には大きく分けて、唯物主義と唯心主義の人がいます。 唯物主義とは、お金やモノを得るために心を変える人のことです。 お金を手に入れるためには、極端にいえば、カレーに砒素を入れてもい…

自分を開拓する喜び

心の学校 佐藤学長の「生命の覚醒」の頁212~213に、『・・・モノやカネや、見栄だけで生きると、いつも不安に怯えなければなりません。 地震が来てつぶれるのではないか、泥棒に遭うのではないか、騙されるのではないか、といつも不安になります。 モノやカ…

365日が喜びの人生

心の学校 佐藤学長の「生命の覚醒」の頁210~211に、『・・・私たちは今まで、外からいろんなものを自分に引き寄せていくことが成功、たくさん集めることが幸福につながるとおもっていました。そして、いろんな知識を頭の中に詰め込んだ人をエリートと呼んで…

本音で生きられる人は強い

心の学校 佐藤学長の「生命の覚醒」の頁158~159に、『・・・成功とか喜びというのは、私たちが追い求めるものではないのです。 あなたが本当の自分に目覚めたら、それこそが幸せであり喜びなのです。 そういう人を、本当の成功者と呼ぶのです。あなたの成功…

原点は両親への感謝

心の学校 佐藤学長の「生命の覚醒」の頁148~149に、『・・・私たちは人間関係で喜んだり悲しんだり、また成功したりします。では、その人間関係の原点は何でしょうか。 オギャーと生まれて一番最初にできる人間関係は、いうまでなく両親です。 ですから、お…

自分の人生の道を知る

心の学校 佐藤学長の「生命の覚醒」の頁102~103に、『・・・神は一つ、宇宙は一つ、愛は一つ、それを命で体感するのです。 命で体感した時に、究極の全体意識に目覚めたということになるのです。 みなさんも、生きているうちにそれに目覚める必要があります…

教えでは救われない

心の学校 佐藤学長の「生命の覚醒」の頁100~101に、『・・・宗教を一生懸命やっている人やその子どもは、かなりの確率で余計に苦しむ結果になっています。 これはなぜかというと、彼らは、”いい教え”を頭で学んでいるからです。 「人を愛しましょう」と頭で…

究極の人生の歩き方

心の学校 佐藤学長の「生命の覚醒」の頁98~99に、『・・・人生を歩んでいくのに、究極のいい方法をお教えしましょう。 それは、私たちは常に二本の道を歩んでいると捉えることです。 二本の道というのは、一つは人生の道、そしてもう一つは魂の道です。 こ…

最も大切な生き方

心の学校 佐藤学長の「生命の覚醒」の頁54~55に、『・・・灯台のように、遠くを照らすと足元は暗くなります。 逆に足元だけを照らすと、遠くは暗くなります。 人のためにやろうと思ったら、ウソになります。 また、自分のためにだけやったら、エゴになりま…

大きな見えない力

心の学校 佐藤学長の「生命の覚醒」の頁42~43に、『・・・心臓を動かしているのは、私たちの意思ではありません。 毛細血管はつなげると地球を一周するくらい長いといわれていますが、その毛細血管の隅々まで休まず血液を送っているのも、私たちの意思では…

心をクリーニングする

心の学校 佐藤学長の「生命の覚醒」の頁38~39に、『・・・どちらに向かうかを決めるのは、全部心です。 ですから、心がわからないと大変なことになります。 心が荒んだまま生きていたら、ある時体に現れて、病気になって寿命が縮まってしまいます。 みなさ…

誰とも比較できない存在

心の学校 佐藤学長の「生命の覚醒」の頁28~29に、『・・・あなたは、世界に一人しかいないユニークな存在なのです。 しかし、私たちは、どうしても人と比較してしまうものです。 そして、人と比較をすることによって、苦しんだり、妬んだり、嫉妬したり、恨…

真我を自覚するとは?

心の学校 佐藤学長の「生命の覚醒」の頁24~25に、『・・・「人間は神そのものであり、愛そのものであり、完全で調和された存在である」今まで聖人といわれた人たちは、共通してこのように教えてきました。 では、本当にその真我に出会って、真我の生き方を…

生命の覚醒とは?

心の学校 佐藤学長の「生命の覚醒」の頁4~5に、『・・・人間は、成功や幸福や悟りを得るために、いろんな勉強をしたり、修行をしたりしています。しかし、そういったものを得るためには、勉強をして知識や教えを頭に詰め込まなくてもいいのです。厳しい修行…

心を曇らせる最大の原因

心の学校 佐藤学長の「飛神」の頁26~27に、『・・・あなたが生きている世界には、今日までさまざまな出来事があったかもしれません。 出会いや別れ、感動、失望、成功、失敗、楽しさ、感謝、感動、苦しみ、怒り、恨み、悲しみ・・・・・・。 生きることは、…

人生は「今」の連続

心の学校 佐藤学長の「飛神」の頁234~235に、『・・・ほとんどの人は過去の経験を引きずりながら生きています。 人生は「今」の連続です。 ですから、あなたの目の前には、過去など本当は存在しないのです。 しかし、私たちはその形のない過去の苦い経験に…

心が自然に幸せを引き寄せる

心の学校 佐藤学長の「飛神」の頁232~233に、『・・・私たちは、「お金を得たら、幸せになることができる」「出世したら幸せになることができる」「成功したら、幸せになることができる」というように、その代理がなければ「幸せになることができない」と思…

命の真実とは?

心の学校 佐藤学長の「飛神」の頁227に、『・・・私たちの肉体は、誕生し、そしていつか肉体は滅び、死んでいきます。 多くの人々は、その肉体の命が自分の命であると思い、命とは限りあるものだと考えています。 それは三次元の世界のことであり、命の真実…

調和か不調和かの選択

心の学校 佐藤学長の「飛神」の頁211~214に、『・・・幸せは調和であり喜びも調和です。 愛も調和です。 そして、神も調和です。 調和とは分離のない世界のことです。 もともと一つという世界です。 真実の姿、神そのものである完璧の世界のことを実相と言…

自分で環境を変えてしまう

心の学校 佐藤学長の「飛神」の頁212~213に、『・・・会社の人間関係においても、職場の居心地が悪いとしたら、それは自分の意識レベルと他の人たちとの意識レベルがあまりにも違いすぎるということかもしれません。 他の人たちよりも自分の方が明らかに意…

本来の役割を探してみる

心の学校 佐藤学長の「飛神」の頁206~207に、『・・・真我を開いていく過程で、自分が一番自然にやっていることは何かを見つけてみましょう。 その中で、長時間続けても疲れず、ストレスも溜まらないことがあれば、それはかなりあなたの本来の役割に近づい…

真実の声をキャッチする

心の学校 佐藤学長の「飛神」の頁175~176に、『・・・目先の利害関係に心を奪われてしますと、どうしても真実の声をキャッチすることができません。 また、一つの思想や哲学、宗教などに心髄することも障害になることがあります。 一つの観念が頭の中に確立…

微動だにしない自分を持つ

心の学校 佐藤学長の「飛神」の頁168~169に、『・・・真我を体感、体得していくと、今までとは明らかに意識が変わり、意識の変化にともない生活面でも変化が生じてきます。 私が知っている例では、自分が携わっていた仕事に意味を感じなくなり会社を辞めた…

何億の苦しみを一瞬で解決

心の学校 佐藤学長の「飛神」の頁131に、『・・・心は無限の深さになっています。 地球上にいる六五億人全員その深さは違います。 ですから、同じものを見ても、どの次元で物事を捉えていくのかによって、受け止め方や感じ方が違っていきます。 まさに多重構…

誰もあなたの幸せを制限できない

心の学校 佐藤学長の「飛神」の頁110~111に、『・・・真我を開くことによって、あなたの次元は、今までよりもはるかに高い次元に上がります。 心が確実に変わっていますから、すべての姿が変わって見えてきます。 そのときに大切なことは、体感した神の境地…

人間脳中心の生き方の限界

心の学校 佐藤学長の「飛神」の頁98に、『・・・誰もが意識している、また意識していないにかかわらず、自分は何者で、何のために生きているのか「本当の自分」を明確に知りたいという願望をもっています。 人間は成功や成長を重ねると、「内なる自分」を知…

相対的な捉え方は真実でない

心の学校 佐藤学長の「飛神」の頁92に、『・・・例えば、天と地、陽と陰、プラスとマイナスと分けるのは相対的な捉え方ですが、相対的な捉え方も真実ではありません。 宇宙には天も地も、陽も陰も、プラスもマイナスも、能動も受動もないのです。 もともとす…

解決できない問題はない

心の学校 月刊ニュースレター Vol.203の今月の言葉に、『・・・神(完璧、宇宙)からすべてをみる・・・ということは、満月から三日月をみるという・・・すると、三日月という不完全は消える! ただ、過去の記憶や捉えていたものが消えるわけではなく、三日…

大調和で分離のない世界

心の学校 佐藤学長の「飛神」の頁132~133に、『・・・四次元から先は心の世界ですから、肉眼では見ることができません。 この世界の次元は、心の中に存在し、その一番究極の次元は神であり、真我なのです。 次元が高くなればなるほど、微粒子の振動が細かく…

YSブログ研究会