考えるよりも感じる

朝起きた時から、とてもエネルギーが高まっている。 自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、自分は自分で生きているとの思いが強く、物質的なものを優先してしまうので、エネルギーが高まらない。 エネルギーのレベルは低…

あらゆる問題の唯一の解決法

5感による認識は強烈だから、それらの認識に囚われてしまうと、目の前の現象に振り回されてしまう。 自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、目の前の現象に振り回され続けてしまう。 目の前の現象に対して、意味づけてして…

過剰反応を利用する

自分の外側のものに対して過剰に反応しているものがあれば、その対象ではなく、どうして過剰反応してしまうのか、自分の内側を見つめる。 良いという思い込みであっても、悪いという思い込みであって、過剰に反応しているのであれば、バランスを崩しているの…

消えない喜び

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、5感で認識た肉体という個体をベースにした発想から抜け出すことができない。 過去の記憶やインプットされた基準(固定観念、価値観、先入観、思い込み、拘りなど)に囚われて、「こ…

起きていることに抵抗しない

目の前で起きていることに抵抗しない感覚が、重要だなと思う。 原因と結果の法則からすれば、原因は自分の外側ではなく内側だからになる。 自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、目の前の現象に振り回されてしまう。 原因…

エネルギーを高める

朝起きた時状態が、とても辛ければ、エネルギーが下がっているからになる。 心の中がとても豊かで、エネルギーを消耗している。 エネルギーのレベルのベースが高まれば、朝起きた時からとても気分が良い。 自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)…

バランス良く生きる

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、心の中がゴチャゴチャしていて、その絶えない混乱によって、エネルギーを消耗している。 心をコントロールできず、心に振り回されることになるので、とても疲れる。 視野が狭くなり…

体の歪みを元に戻す

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、心を強めてしまい、「こうしなければ・・・」「ああしなければ・・・」というものに囚われてしまう。 そういうものが、心の癖となって、体の中を流れるエネルギーを滞らせて、その結…

〇〇〇を唱える

〇〇〇を唱えるということで、〇〇〇に意味づけをしてしまっていると、心を強めることになってしまう(〇〇〇:いろいろな良き言葉)。 〇〇〇が頭で理解できるものであると、〇〇〇が観念となっている。 自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意…

視覚だけでなく聴覚についても

自分は自分で生きているのだという思いが強いのは、自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いているからになる。 物質に過度に意識が向いてしまうと、意識次元が高まらず、低いままで留まってしまう。 物質という、いつかは無くなって…

鏡に映った自分の顔の凝視

光り輝くまぶしい太陽だけでなく、お風呂場で、目の前の鏡に映った自分の顔を集中して凝視すると、様々な顔に変化していく。 常識では考えられないので、最初は驚いたが、自分の中での再現性はあるので、目に見えているものは、すべてが幻なんだと思えてくる…

見えているものを疑う

晴れた日の昼間の太陽は、光輝きまぶしいけど、意識が変わると見え方が変わる。 光輝く太陽を、いつもまぶしくなく見ている人もいるのかもしれないが。 意識を高めて光輝く太陽を見つめていると、月のように丸い輪郭が見えてきて、まぶしくなくなる。 意識が…

どのように意識を向けるのか

体の中のエネルギーの流れは、手のひらが感じやすく、手のひらを合わせて、その間を少し開けるとエネルギーを感じる。 自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、目に見える物質だけに偏ってしまって、目には見えないものを感…

体の中のエネルギーの流れ

瞑想をする前は、体の中を流れるエネルギーを感じることは全くなかった。 自分の外側からの刺激が強くて、それに振り回され、自分の内側からの情報が得られていなかった。 瞑想することで、体の中を流れるエネルギーを感じることができるようになってくると…

朝、起きた時の状態

朝、起きた時の状態を重要視している。 これで、自分自身の状態が分かるから。 今朝はとてもクリアである。 以前はネガティブなものが湧き上がってきた。 今なら分かるが、これはエネルギーの状態の差になる。 エネルギーが消耗して低いレベルだと、ネガティ…

早く知って本当の自分で生きる

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ2」の頁26『一般的な願望実現法は、現在のあなたから、将来のある地点になりたい自分を設定し、そこへ向かう。 しかし、自分が何ものなのか?チューリップなのかバラなのかを知らずに、他人と比較した夢や目標を持…

知識でなく意識の壁を打ち破る

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ2」の頁24『私たちが、何かの状況を乗り切るときに、ブレークスルー思考といって、自らの発想の壁、限界を打ち破るといった発想がある。 このように、観念上の良い話などを聞いて、自分の今まで持っていた考え方や…

自分の心を通した思い込みの自分

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ2」の頁22『あなたが「自分」と言うとき、そこには3つの自分がいるのだ。 自分で評価する自分。 他人が評価する自分(あなた)。 そして、真我を開いて初めて実感できる「本当の自分」である。 人が評価する自分(…

宇宙の心を引き出して闇を消す

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ2」の頁20『現象面の原因である心は、大きく3つの部分に分けて説明できる。 表面は、「観念(頭)」といって、心を頭で理解する部分である。 プラス思考、愛や感謝の心が大切だと、インプットによって頭では分かっ…

必ず原因と結果の法則が働いている

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ2」の頁18『世界は、外に起きている現象面(外界)と、その現象面に反応している心(内界)がある。 この宇宙のシステムは、必ず、原因と結果の法則が働いていて、それは、針の穴のような、どんなに小さなことであ…

原点である両親との関係の修復

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ」の頁130『洋服を着る時、一番最初のボタンを掛け違えると、最後までズレてしまう。 一つ一つは掛けることができるが、最後にズレて掛けていることに気がつくのだ。 ズレたままの人生を送っていても気がつかず、死…

人のありがたみや大切さがわかる

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ」の頁128『人間は、どこまでいっても未熟な存在で、完全になれる人など一人もいない。 ”自分の頭のハエを追えないのに、人の頭のハエを追えるか?”という言葉があるが、それは間違っている。 自分の上のハエばかり…

自分自身が光そのものになる

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ」の頁126『自分のことしか考えない人は「エゴが強い人」と非難され、人とぶつかる。 自分を犠牲にして「人のため」と言っている人は、実は本心でないことが多い。 隣の国の戦争よりも、自分の顔にできたニキビの方…

思いを消すことで大調和の世界

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ」の頁124『宇宙の法則が総てを動かし、神の光は、営々と地上に注がれているのである。 人は、紛れもなくその中で生かされているのである。 それなのになぜ、人は病気をしたり、戦争を起こしたり、地球環境を破壊し…

全部が見方になる宇宙意識的な発想

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ」の頁122『地球上には、いくつもの大陸や島があり、全部、分離しているように見える。 しかし、海の水を全部抜き取ったら、総ての大陸が一つにつながっていることがわかるだろう。 人は何でも、自分と他とを分離し…

頭の学びの愛や感謝は本物でない

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ」の頁120『心の構造は、ダイヤモンドと石ころとイミテーションに譬えることができる。 愛や感謝、プラス思考を知識として学ぶのは、イミテーションである。 人を愛そうと思っても、どうしても憎んでしまう本音が、…

総てのものは天からの預かりもの

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ」の頁118『愛には、執着の愛と放つ愛がある。 執着の愛とは、自分のものにしないと気が済まないという思いである。 子どもの妻も、総て自分のものにしようという思いである。 総て自分から出発している。 親が、こ…

波長の合わない人の付き合い方

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ」の頁116『波長の合わない人の付き合い方は、四つしかない。 ・意識波動の高い人が、波長の低い人に合わせる。 ・意識波動の低い人が、波長の高い人を見習って上がる。 ・お互いに離れる。 ・意識波動の高い人が低…

エネルギーやパワーが溢れる

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ」の頁114『自分の財産はこれしかないと思うと、不安な人生を送らなくてはならない。 しかしある時、蔵の奥に、先祖が残した黄金の財産を見つけたらどうだろうか。 たとえそれを使わなかったとしても、その瞬間から…

起きたことの原因を探る習慣

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ」の頁112『事務所で、警報機がジーン!と鳴り響いていたとする。 その時、警報機がなっている原因も知らないで、ただ「うるさいから止めよう」と言って止めてしまったらどうだろうか。 もし本当に火事だったら、大…

YSブログ研究会