心の中を丸ごと入れ替える

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ3」の頁46『善き言葉には力がある。「ありがとうございます」、「ごめんなさい」などを口ぐせにしていると運が良くなると言われるが、これらの言葉は浄水器のようなものである。 心の中に、恨みやつらみや憎しみな…

脳で考えた価値観を超越する

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ3」の頁44『あなたは、完全、完璧である。もともと生まれた時から、完全、完璧なのである。 それは、一般的に言われるところの、非の打ちどころがないということでも、完璧主義ということでもない。 今のままのあな…

心が変われば現象も変わる

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ3」の頁42『真我は頭で考えても理解できない世界である。 同じく、私たちの抱えている業やカルマ、一般的にいう心も目に見えないものである。 自分の心でありながら、そこに何が詰まっているのかがわからない。 真…

過去にも未来にも捉われない

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ3」の頁40『私たちは頭で考えて、言葉を使い、行動する。 頭で考える世界は、その人の価値観の世界であって、人それぞれ違う。 自分の損得勘定や、過去の出来事の影響、あるいは学習してきたことなどが、自分の行動…

過去の記憶や業やカルマを消す

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ3」の頁38『悟りを求める人は、自分の抱えている業やカルマを消して、その奥の真我に辿りつこうと試みる場合が多い。 滝に打たれたり、何時間も座禅や瞑想をしたりして、表面にある自分を消し去って、究極の境地、…

今この瞬間の最適な判断をする

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ3」の頁36『人間は、過去の記憶によって判断し行動をしている。 たとえば、野生のシマウマはライオンに見つけられると全速力で逃げるが、その場をやり過ごしてしまったあとは、ライオンに追いかけられたことを恨ん…

宇宙の真理の中で生かされている

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ3」の頁34『こちらが正しい、こうすべきだ、こうあらねばならないというのは、価値観である。 世の中の問題は、ほとんどが価値観の相違から生れているといっても過言ではない。 一般的な宗教戦争も価値観の相違であ…

矛盾のない調和の世界で生きる

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ3」の頁32『人の本質は真我であるから、真我から湧いてくる心、言葉、行動で行くと、矛盾のない調和の世界で生きることができる。 そのためには、常に自分の真我を引き出す訓練をし、何が起こってもハンドルを真我…

心身とも軽くなって軽やかに生きる

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ3」の頁30『人は前へ前へと進もうとする。 成長を、より知識を詰め込んで前進していくことと評価する観念を持っている。 しかし、いくら前に進んでも、その高さは変わらない。 高さが変わらないというのは、意識の…

自分の背負っている記憶に起因する

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ3」の頁28『人は無限次元で生きている。次元とは、物の捉え方のことである。 物事の捉え方は、自分の背負っている記憶に起因する。 記憶とは、人に内蔵されているプログラムのようなものである。 あるデータが入力…

自然と物事は調整され調和をする

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ3」の頁26『何事にも、中心がある。 体の中心に重心を置けば、バランスを保って楽に立っていられる。 家庭や会社にも中心がある。みんながばらばらの方向を向いていしまうと、進むべき道に進むことはできない。 問…

自由なものの見方が可能になる

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ3」の頁24『運命も宿命も、変えることは可能である。 宿命というのは、先祖から受け継いだ性格や環境だとしたら、運命は、それらと生きていく過程において訪れる縁によって現れる現象である。 たとえば、家業である…

人智では無理となった時に気づく

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ3」の頁22『宇宙の真理に沿って物事を進めると、何もかもうまくいく。 政治はこのように、教育はこのように、医療はこのようにと、人は分離して考えてしまう。 すべてはつながっている事柄を、違うものとして分けて…

意識次元はどこまでも上昇する

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ3」の頁20『今の自分のままであると、未来はどうなるかということの予想は大体つく。 今までの思考から発する言葉や行動の結果は、今までの延長線上にしかない。 訓練して、思考をコントロールしたとしても、思考の…

根本原因は人の潜在意識にある記憶

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ3」の頁18『目の前に引き起こされている現象は、すべて、根本原因と環境原因から成っている。 根本原因とは、その人の潜在意識にある記憶である。 一方、環境原因は、自分を取り巻く人やモノである。 現象を変える…

闇と光は同時に存在できない

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ3」の頁16『因と縁が反応して、果となる。 ということは、因が変われば、果が変わるということである。 チューリップの種は、どこに植えようがチューリップにしか咲かない。 では、私たちの人生も既に決まっている…

命という縦の環境で培われたもの

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ3」の頁14『両親との関係は、人生に大きな影響を与える。 なぜならば、両親との関わりの中に、根本原因と環境原因のどちらも入っているからである。 人は、生れたときかから、両親の遺伝子の記憶を引き継いでいる。…

因と縁が反応して結果となる

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ3」の頁12『Aさんとはとても馬が合うし仲良くできる。 ちょっとしたことがあっても、よい関係でいることができる。 一方、Bさんとは、会えば、すぐに言い合いになってしまう。 だから、Bさんとは関わらないようにす…

本当の愛は囚われの無い世界

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ2」の頁120『あなたは、「愛という言葉の反対語は何でしょう」と問われたら何と答えるだろうか? 普通は、「憎しみ」とか「恨み」と答えるはずである。愛には、「執着の愛」と、「放つ愛」がある。 「執着の愛」と…

自分の知らない世界が無限にある

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ2」の頁118『よく「わかった」と言うが、本当にわかっているのだろうか?あなたが一度も聞いたことも、食べたことも無い料理があったとする。 その料理の原材料や調理過程など事細かに聞いて、どうですか?とメニュ…

心が波立つと歪んだ現実が顕れる

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ2」の頁116『真我は完全である。 なのに、どうして私たちには一見不調和と思われることが顕れるのだろうか? それは、私たちには不完全な心があるから、心が波立つと、歪んだ現実が現象面に見えるのである。 これは…

本当の自分を見失っている

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ2」の頁114『この資本主義の社会に生きて行くうえで、「お金が欲しい」というのは、極く自然な思いである。 しかし、本当にあの「お金という紙切れ」が欲しいのだろうか? そうではなく、お金によって手に入る自由…

心で思えばそのとおりになる

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ2」の頁112『普段、あなたが「これが私の財産」というときの「これ」のは、どこまでのことだろうか? 私たちは、心の存在だから、心で思えばそのとおりになるのである。 私の財産はこれだけ、限定したら、その分だ…

究極の自立へと促していく

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ2」の頁110『心という見えないものを扱う人や団体は、見えないゆえに見分けがつきにくい。 では、どうやって見分けたらいいのか? ニセモノは、「ここに来ないと救われませんよ」といって脅しの要素を含ませて人を…

本当の自分に両足を踏み込む

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ2」の頁108『迷ったら、まず、その対象に両足を踏み込み、実行することで答えがはっきり出る。 しかし、これも、自分がどういう心で踏み込むかによって、より正確な答えが出るかどうかに関わってくる。 表面的な心…

あまり考え過ぎずにやってみる

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ2」の頁106『どちらの道に進んだら良いのか、または、やるべきか、やらないでおくべきか、迷ってしまう時がある。 そんな時は、あまり考えすぎると、頭の中で妄想が膨らみ、身動きが取れなくなってしまうことが多い…

常に煌々と輝く太陽がある

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ2」の頁104『天気は晴れたり曇ったり、時には大雨や大雪、台風のように暗くなったり荒れたりする。 しかし、どんなに大雨が降っていても、飛行機で雲を突き抜けると、常に煌々と輝く太陽があるのだ。 私たちの心も…

心は無限の広さを持っている

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ2」の頁102『現実の生活に素晴らしい結果を出すためには、「心」と「言葉」と「行動」が重要になってくる。 これを広さに喩えると、「心」は無限の広さを持っている。 しかし、この心を私たちの「言葉」に現すと、…

問題や悩みで根本解決に至る

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ2」の頁100『私たちの目の前に現れる問題や悩みは、ちょうどナベのふたに付いた取っ手のようなものである。 ナベに取っ手があるから、フタを開け、中を見ることができるのである。 取っ手が無かったら、中に腐った…

宇宙のリズムと調和している

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ2」の頁98『私たちんの心臓が動くリズム。海の水が岸辺に打ち寄せる波のリズム。 地球が回転するリズム。つまり、宇宙のリズムは本来、調和された同じリズムなのである。 しかし、私たち人間が勝手に作り出した不調…

YSブログ研究会