宇宙の法則

宇宙の法則が総てを動かしている

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ」の頁124『宇宙の法則が総てを動かし、神の光は、営々と地上に注がれているのである。 人は、紛れもなくその中で生かされているのである。 それなのになぜ、人は病気をしたり、戦争を起こしたり、地球環境を破壊し…

宇宙の法則に従って生きる

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ」の頁56『コペルニクスやガリレオが地動説を唱えるまでは、人々は地球の周りを太陽や押しが回っていると信じて疑わなかった。 その後の研究によって、地動説が明らかになり、今では天動説を唱える人は誰もいない。…

人智を超えた深い叡智が働く

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ3」の頁26『何事にも、中心がある。 体の中心に重心を置けば、バランスを保って楽に立っていられる。 家庭や会社にも中心がある。みんながばらばらの報告を向いてしまうと、進むべき道に進むことはできない。 問題…

元に戻る力に沿って生きる

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ」の頁66『神の力は、元に戻る力である。 人は時々、法則に反したことをする。 神は、それを元に戻そうとする。 例えば、振り子があれば、その振り子を、人間の手で持ち上げることができる。 それを同時に、その振…

精神世界のパラダイムシフト

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ」の頁56『コペルニクスやガリレオが地動説を唱えるまでは、人々は地球の周りを太陽や星が回っていると信じて疑わなかった。 その後の研究によって、地動説が明らかになり、今では天動説を唱える人は誰もいない。 …

一人一人が宇宙と直結する

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ」の頁30『ほとんどの人は、宇宙と自分とを分けて分けて考えている。 しかし、東京に住んでいるあなたは、東京にいると同時に日本にもいる。 日本にいると同時に地球にもいる。 さらには、この宇宙にもいるのだ。 …

万人に平等の宇宙の法則

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ3」の頁120『真理の受け止め方の二つ目は、真理という知識を、自分の価値観と並列に頭に置くパターンである。価値観は価値観、真理は真理という知識で分離をするパターンである。 真我であるという真理は、頭で理解…

喜びの心が喜びの現象を引き寄せる

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ3」の頁94『人間は、少なからず、自分の損得や都合で物事を考えて、行動をする。 これは、自分の脳が考えたことを最優先にしているということである。 脳を創った大いなる宇宙の法則を無視して、欲やエゴだけで動く…

宇宙の心で創造した状態に戻す

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ3」の頁92『人間には自然治癒力という機能が備わっている。 自然治癒力とは、その名の通り、自然に治癒する力である。 宇宙の働きとは、もとに戻ろうという動きである。 切り傷をしても、何日か経つと自然に治るよ…

人間の脳で考えた価値観の超越

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ3」の頁44に、『あなたは、完全、完璧である。もともと生まれた時から、完全、完璧なのである。 それは、一般に言われるところの、非の打ちどころがないということでも、完璧主義ということでもない。 今のままのあ…

宇宙で生かされている幸せな存在

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ3」の頁34に、『こちらが正しい、こうすべきだ、こうあらねばならないというのは、価値観である。 世の中の問題は、ほんとんどが価値観の相違から生まれているといっても過言ではない。 一般的な宗教戦争も価値観の…

人智を超えた深い叡智が働く

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ3」の頁26に、『何事にも、中心がある。体の中心に重心を置けば、バランスを保って楽に立っていられる。家庭や会社にも中心がある。みんながばらばらの方向を向けてしまうと、進むべき道に進むことはできない。問題…

宇宙の法則に沿って生きる

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ2」の頁102に、『現実の生活に素晴らしい結果を出すためには、「心」と「言葉」と「行動」が重要になってくる。 これを広さに喩えると、「心」は無限の広さを持っている。 しかし、この心を私たちの「言葉」に現す…

宇宙の法則が全てを動かす

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ」の頁124に、『宇宙の法則が全てを動かし、神の光は、営々と地上に注がれているのである。 人は、紛れもなくその中で生かされているのである。 それなのになぜ、人は病気をしたり、戦争を起こしたり、地球環境を破…

川の流れに沿った調和の世界

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ」の頁84に、『本当の素晴らしい生き方をするためには、宇宙の法則に従うことである。 法則に逆らうというのは、ボートを川の流れと反対に漕ぐようなものだ。 それではいくら漕いでも、ボートはなかなか進まないし…

宇宙の法則に沿って生きる

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ」の頁56に、『コペルニクスやガリレオが地動説を唱えるまでは、人々は地球の周りを太陽や星が回っていると信じて疑わなかった。 その後の研究によって、地動説が明らかになり、今までは天動説を唱える人は誰もいな…

宇宙の法則と直結する

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ」の頁30に、『ほとんどの人は、宇宙と自分とを分けて考えている。 しかし、東京に住んでいるあなたは、東京にいると同時に日本にもいる。 日本にいると同時に地球にもいる。 さらには、この宇宙にもいるのだ。 個…

第一念に合わせて生きる

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ」の頁28に、『宇宙意志を「第一念」とすると、人間の想念は「第二念」である。人間はいろいろなものを創造する。 電気を発明し、自動車を作り、飛行機を作り出した。 総て、人間の心が創造したのである。 しかし、…

万人に平等の宇宙の法則

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ3」の頁120に、『真理の受け止め方の二つ目は、真理という知識を、自分の価値観と並列に頭に置くパターンである。 価値観は価値観、真理は真理という知識で分離をするパターンである。 真我であるという真理は、頭…

自分を変える良い機会

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ3」の頁102に、『人は、場の力によって変化する。子どもは、両親の育てられ方や、入学した学校などという環境によって、経験するもの、体験するものが左右される。その経験・体験が、後々の人生に影響してくる。 自…

宇宙の法則に従って生きる

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ3」の頁94に、『人間は、少なからず、自分の損得や都合で物事を考えて、行動する。 これは、自分の脳が考えたことを最優先にしていると言うことである。 脳を創った大いなる宇宙の法則を無視して、欲やエゴだけで動…

生まれた時から完全、完璧

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ3」の頁44に、『あなたは、完全、完璧である。もともと生まれた時から、完全、完璧なのである。 それは、一般的に言われるところの、非の打ちどころがないということでも、完璧主義ということでもない。 今のままの…

宇宙の中での幸せな存在

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ3」の頁34に、『こちらが正しい、こうすべきだ、こうあらねばならないというのは、価値観である。 世の中の問題は、ほとんどが価値観の相違から生まれているといっても過言ではない。 一般的な宗教戦争も価値観の相…

色即是空、空即是色

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ2」の頁50に、『「知る」「信じる」「みえる」といった、私たちの人間の心を通して認識する段階を超越して、「無い」「在る」という世界がある。 般若心経では、色即是空、空即是色といって「色という物質的存在に…

大調和の世界を作り出す

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ」の頁124に、『宇宙の法則がすべてを動かし、神の光は、営々と地上に注がれているのである。 人は、紛れもなくその中で生かされているのである。 それなのになぜ、人は病気をしたり、戦争を起こしたり、地球環境を…

宇宙意識的な発想になる

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ」の頁122に、『地球上には、いくつもの大陸や島があり、分離しているように見える。 しかし、海の水を全部抜き取ったら、総ての大陸がひとつにつながっていることがわかるだろう。 人は何でも、自分と他とを分離し…

価値観が全く変わる

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ」の頁100に、『幼虫が大きく育つのが成長であり、サナギが蝶になるのが脱皮である。 今までの考え方、生き方で人生を終わらせるのが良いのか。 それとも、大きく生まれ変わって、人生二度生きるのが良いのか。 こ…

業やトラウマは消える

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ」の頁94に、『業(カルマ)は、人間の想念が潜在意識に染み込んだものであり、細胞に記憶された思い込みである。 これはちょうど、来ている洋服に汚れが染みついたようなものだ。 しかし、洋服は汚れても、体まで…

宇宙の法則に従う

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ」の頁84に、『本当の素晴らしい生き方をするためには、宇宙の法則に従うことである。 法則に逆らうというのは、ボートを川の流れと反対に漕ぐようなものだ。 それではいくら漕いでも、ボートはなかなか進まないし…

本物と偽物が区別される

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ」の頁80に、『これからは本物の時代である。大地震に見舞われた時、壊れる家と残る家がある。 その時に初めて、建築業者が手抜きをしないで建築したかどうかがわかる。 今、ビジネスだけでなく、医療や教育など、…

YSブログ研究会