真我

早く知って本当の自分で生きる

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ2」の頁26『一般的な願望実現法は、現在のあなたから、将来のある地点になりたい自分を設定し、そこへ向かう。 しかし、自分が何ものなのか?チューリップなのかバラなのかを知らずに、他人と比較した夢や目標を持…

自分の心を通した思い込みの自分

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ2」の頁22『あなたが「自分」と言うとき、そこには3つの自分がいるのだ。 自分で評価する自分。 他人が評価する自分(あなた)。 そして、真我を開いて初めて実感できる「本当の自分」である。 人が評価する自分(…

宇宙の心を引き出して闇を消す

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ2」の頁20『現象面の原因である心は、大きく3つの部分に分けて説明できる。 表面は、「観念(頭)」といって、心を頭で理解する部分である。 プラス思考、愛や感謝の心が大切だと、インプットによって頭では分かっ…

必ず原因と結果の法則が働いている

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ2」の頁18『世界は、外に起きている現象面(外界)と、その現象面に反応している心(内界)がある。 この宇宙のシステムは、必ず、原因と結果の法則が働いていて、それは、針の穴のような、どんなに小さなことであ…

頭の学びの愛や感謝は本物でない

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ」の頁120『心の構造は、ダイヤモンドと石ころとイミテーションに譬えることができる。 愛や感謝、プラス思考を知識として学ぶのは、イミテーションである。 人を愛そうと思っても、どうしても憎んでしまう本音が、…

エネルギーやパワーが溢れる

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ」の頁114『自分の財産はこれしかないと思うと、不安な人生を送らなくてはならない。 しかしある時、蔵の奥に、先祖が残した黄金の財産を見つけたらどうだろうか。 たとえそれを使わなかったとしても、その瞬間から…

左脳と右脳をバランス良く使う

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ」の頁102『左脳は、主に論理や数値、記憶を司どる脳であり、右脳は、主に感覚、直感などを司る脳である。 現代人は、知識詰め込み型の教育を受けてきたため、左脳ばかりを働かせ過ぎる傾向がある。 それに比べて、…

実体のない業やトラウマは消える

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ」の頁94『業(カルマ)は、人間の想念が潜在意識に染み込んだものであり、細胞に記憶された思い込みである。 これはちょうど、来ている洋服に染みがついたようなものだ。 しかし、洋服は汚れていても、体までは汚…

自分自身の考え方を完璧に無くす

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ」の頁78『個体意識とは、学習して、後天的に身につけた意識のことを言う。 人が「自分の考え」という時の意識は、ほとんどが個体意識である。 全体意識とは、もともとある意識であり、真我、神、宇宙意識とも言う…

金やモノでなく命を一番にする

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ」の頁72『人生において、何が一番大切なのだろうか。 あなたは「一億円あげるから、死んでください」と言われて、死ねるだろうか。 人は、一番大事なものを忘れ、大変愚かなことをしているのだ。 大切な肉親を裏切…

ユートピア行きの電車に乗り換える

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ」の頁68『もしも、あなたが、地獄に向かう電車に乗っていたとしたら、早く走れば走るほど、早く地獄に辿り着いてしまう。 ところが、ほとんどの人は、自分がどこに向かっているかわからないと、さらにがんばって電…

インプットの知識とは根本的に違う

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ」の頁52『今までの学校教育は、ほとんどが知識を脳に詰め込むインプット型である。 そうやって記憶した知識や考えで生きると、本当の自分がなかなか出なくなってしまう。 問題があった時も、記憶したデータに基づ…

もともと持っている宇宙の本能

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ」の頁46『心の世界を学ぶ人の中には、心をコントロールされてしまう人がいる。 マインドコントロールとは、一人の教祖的な人物から教えをもらい、その教えで頭の中をいっぱいにしてしまうことである。 そして、そ…

知人や友人たちにも光は届く

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ」の頁34『先祖からあなたへ、そして、あなたから子孫へと、バトンは受け継がれていく。 それが、縦の人間関係である。 あなたは、先祖の影響を受けており、また、それを子孫に受け継いでいく。 もし、先祖から悩み…

善悪、正しい・間違いを超えた世界

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ」の頁22『人は、善と悪、正しい・間違いという観念を持っている。 しかし、天から見たら善も悪も似たようなものなのだ。 「私は善だ」「私は正しい」と思うところから、人々の争いは始まる。 総ての戦争も、自分た…

光をそのまま全体に向かって放つ

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ」の頁20『「自分、自分・・・」と、自分のことばかりを考える人はエゴの人である。 人がどう見ているかが気になり、悲観的になり、ストレスが溜まる。 自らに壁を作り、個体化していく。それに対し、「あなた、あ…

自然と湧き出る発想によって生きる

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ」の頁16『今までの社会では、頭で考えたことを実現できることを素晴らしいことと言い、それを実現した人のことを成功者と呼んできた。 しかし、それならば、犯罪者でも成功者になってしまう。 人が頭に描くことは…

人の業(カルマ)は光に変わる

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ」の頁14『人の精神構造は、「観念」「業」「真我」の三層から成り立っている。 一番表面の「観念」とは、どこかから入れた情報や知識から成り立っている。 その奥の「業(カルマ)」は、「遺伝子の記憶」と言い換…

人生には、二つの道がある

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ」の頁12『人生には、二つの道がある。 一つはエゴの道、もう一つは真我の道である。エゴの道とは、自我を出し、自我の満足のため、自分を守るために動く道である。 エゴの道を歩むと、人間関係に苦しみ、病気にな…

自分の考えや価値観が消える

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ3」の頁126『真理の受け止め方の五つ目は、真理を引き出したときに、自分の価値観が消えるパターンである。 これが、真理の正しい受け止め方である。 真理は、みな等しく真我であるということである。 真我は、究極…

知識の真理は真理ではない

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ3」の頁122『真理の受け止め方の三つ目は、自分の知識の中に真理という知識を入れてしまうパターンである。 真理という知識が増えたのである。自分の考えや知識のバリエーションの中に、真理を、ひとつの考え方とし…

脳で「知る」という認識を超える

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ3」の頁118『私たちは間違いなく宇宙意識、真我の存在であるというのが真理である。 私たちは物事をまず頭で受け止めるが、この真理の受け止め方にはいくつかパターンがある。 一つ目は、聞いても撥ね返してしまう…

現象は意識次元によって変わる

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ3」の頁112『今、この世で起こっている苦しみの原因は、分離の意識である。 自分と他人、自国と他国というように、人は自分と他者を分けて考える癖がある。 このことは、社会活動でも言えることである。 政治、教育…

藁にもすがる気持ちで解決策を探す

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ3」の頁108『私たちの世界には、迷いや苦しみが多くある。 病気であったり、人間関係であったり、借金などのお金の問題であったり、生きることへの迷いであったりする。 もがいて苦しんでいる人は、藁にもすがる気…

一番必要で的確な答えが出る

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ3」の頁106『私たちの脳で考える結論には限界がある。 脳で考えると、そこには、範囲は違っても、自分のエゴ、家族のエゴ、会社のエゴ、国のエゴなど、計算や価値観が必ず入る。 エゴが入ると、自分の側はよくても…

もっとも良き判断が瞬時にできる

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ3」の頁78『なかなか恋人ができない、結婚ができないという人には、心の門番がいることが多い。 心の門番というのは、相手が現れても、この人は違うと追い払ってしまう、心の作用のことである。 例をあげると、以前…

心のポリープを取り除く方法

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ3」の頁56『人間の心を医療機器のMRIのようなもので見ることができたとしたらどうであろう。 そして、それに映った心にポリープが見つかったとしたらどうするであろうか。 注射を打っても、手術をしても、かなわな…

すべてが一気に同時に変わる

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ3」の頁48『今、目の前に現れている現象は、心が原因である。 恨みの気持ちを持っていたとしたら、その心が言動に表れて人間関係がうまくいかなくなり、その心でお客様に向かっても仕事がうまくいかず、うまくいか…

心の中を丸ごと入れ替える

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ3」の頁46『善き言葉には力がある。「ありがとうございます」、「ごめんなさい」などを口ぐせにしていると運が良くなると言われるが、これらの言葉は浄水器のようなものである。 心の中に、恨みやつらみや憎しみな…

心が変われば現象も変わる

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ3」の頁42『真我は頭で考えても理解できない世界である。 同じく、私たちの抱えている業やカルマ、一般的にいう心も目に見えないものである。 自分の心でありながら、そこに何が詰まっているのかがわからない。 真…

YSブログ研究会