読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読書

「満月の法則」の自己啓発本との違い

心の学校 佐藤学長の「満月の法則」の頁176に、『・・・悩みを抱える人たちのために、これまで多くの人生論や自己啓発関係の本が出版されてきました。 それらの本には一つの共通点があることをご存じでしょうか。 それは、「あなたは不完全である」という観…

「幸せになる方法」を読んだ

Amazonプライム会員1冊無料で、読んだ本について・・・ 神経内科医と思想家が語る 幸せになる方法 能力Upはいらない: 高次脳機能障害治療の最前線の中でみえてきたこと 抽象度シリーズ 作者: 深川和利,小楠健志 出版社/メーカー: ALL WIN Media 発売日: 2016…

頭をよくする「ゼロ秒思考」とは?

昨日、本屋で目に留まった本について・・・ ゼロ秒思考 頭がよくなる世界一シンプルなトレーニング 作者: 赤羽雄二 出版社/メーカー: ダイヤモンド社 発売日: 2013/12/20 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ (11件) を見る ここには、『…

いい教えは役立つのか?

心の学校 月刊ニュースレターのVol.188の今月の言葉に、「・・・何か良さそうな話し(教え)を聞くと、人はついついその教えを頭に入れようとします。 頭に叩き込んでいくわけです。 ただし、そのいい教えは、教えた人の考えであって自分の中から出てきたも…

意識を高める読書 その2

心の学校 佐藤学長の「ダイヤモンド・セルフ」は130頁にコンパクトにまとめられている本だが、その中で私が蛍光ペンを引いた箇所を抜き出してみる。 『・・・プラスの心とは、「明るく」「前向きに」「積極的に」「夢を持って」「目標を持って」「プラス思考…

意識を高める読書

昔だったら、いかに知識を詰め込むかのような感じで、たくさんの本を読んでいた。 自分の成長を自分の外側に求めていた。 今は、いかに自分を知ることができるかで、自分は成長できると捉え、自分の内側に求めている。 本を読むことも、たくさんの本を読むと…

幸せな読書

不幸せな読書があるのか? それがあるようだ。 私は、それを30年前ぐらいにやっていた。 10年間以上は、続けていたと思う。 不幸せな読書とは・・・ 自分の能力を高めるために、さまざまな素晴らしい考えや教えのような本をたくさん読んだ。 そのプロセスは…

本を読むことについて

佐藤学長の本は、かなりの数を読んできた。 ボロボロになるまで繰り返し読んだ本もあったが、私の場合、頭で理解していただけであって、その域を抜け出ることはなかった。 意識とは、情報を解釈する視点と捉えると、意識の高い人が書いた内容に対して、意識…

YSブログ研究会