唾液の分泌量 その2

自分の意識を頭の中に置き、その置いた意識の位置を動かしてみて、唾液の分泌量がピークになる所は、どこだろうと探してみる。


そうして、唾液の分泌量のピークかなと思う所ぐらいで、意識の位置を最適化するような感じで、微妙に動かす感じにしていると・・・


突然瞬間的にやってくるのだ。


神成瞑想で、突然瞬間的にギヤチェンジするように、意識が深く入るあの瞬間が。


だから、唾液の分泌量が増える頭の中の位置に、自分の意識をとどめる状態は、瞑想状態と言えるのかな。


意識が深く入ることが良いことかどうかは、良いと感じている。


深く入った方が気分がスッキリするので。


最近は、これをやっていなかったが・・・


今、試したらできたよ。


これも再現性は高いね。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願い致します。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

一瞬で宇宙とひとつになれる真我瞑想-新装版

YSブログ研究会