生かされてる事実

人は物事を固定化して捉えようとする・・・

 

これが悩みや苦しみを生む原因となっているのでは無いだろうか。
 
この世は「無常」で、常に変化しているので、物事を固定化した瞬間から、間違いが始まると言える。
 
物事を固定化せず、ありのままに捉えることができれば・・・
 
自分は自分で生きていると言う感覚は、多くの人にとって当たり前なのだろう。
 
しかし、自分は自分で生きていると言えるのだろうか?
 
人間として生きるために、自分の意思でできることは、何があるだろうか?
 
食べ物や飲み物を手に取る → それを口に持って行く → モグモグ、ゴクゴクする
 
これぐらいでは、ないだろうか?
 
それ以外は、全て無意識の内に、自動的に処理されるのでは・・・
 
その事実を直視した時、自分は自分で生きていると言えるだろうか?
 
宇宙のシステムに、自分は組み込まれていて、自分は宇宙に生かして頂いていると感じないだろうか?
 
その感覚、その感覚を深く認めると、自分の体のエネルギーの流れが増してくる。
 
あたかも宇宙が、その感覚は正解だよ応えてくれているように・・・
 
常にその感覚に、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分、真我に意識を向け続けると・・・
 
喜び一杯で、その喜びに酔いしれ、素晴らしく気分の良い状態が、いつまでも続くことになる。
 
何をやっても、宇宙がサポートしてくれる感覚になってくる・・・
 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願い致します。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

未来の富と幸せを先取りする

YSブログ研究会