「踏み込む」とは?

真我を追究する上で外せない4つのキーワード

 

「ブレない」

「混ぜない」

「踏み込む」

「真我を一番にする」

 

この「踏み込む」とは、心の学校 月刊ニュースレター Vol.151の今月の言葉を読むと分かる。

 

 そこには、「・・・真我に没頭して、真我で生きることが私が言う出家です。究極の出家です。真我に目覚め、真我を実践していくことが本当の出家です。真我の出家なのです。・・・

 

真我の喜びは、本当にそれぐらい踏み込まなければわからないからです。・・・

 

肉体の命よりも大切な真我に踏み込むということです。・・・

 

私はそれぐらいの気持ちでやっています。ですから変化するのです。・・・

 

ああなりたい、こうなりたいという自分の願望ではなくて、踏み込んでその結果を受け入れていくのです。命がけで、その覚悟で踏み込み、受け入れてまたさらに踏み込んでいくのです。・・・

 

真我に焦点を合わせて踏み込んでいるかどうかです。真我を一番にして踏み込んでいることが大事です。なぜなら真我はあなたの中の神だからです。・・・」とある。

 

この真剣さが、とても、とても、とても重要なポイントになるね。

 

f:id:tamago0141:20160625174650j:plain

 

 「図解 神のメッセージ3」の頁98では、「・・・病気になった時、死の淵をさまよった時、事業に失敗した時など、一見悪いと思われる出来事が起こった時こそ、意識次元がポーンと上がるチャンスなのである。・・・」とある。

 

これも真剣にならざる得ない状況だからこそ、アセンションできると言えるね。

 

クリックで応援してね・・・

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願い致します。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

図解 神のメッセージ3

未来の富と幸せを先取りする

YSブログ研究会