読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幸せに生きる

満月理論

心の学校 月刊ニュースレターVol.189の今月の言葉に、「・・・何かの物事が自分の足元に来た時に、それは全て完璧だ、満月だとして捉えて、そこから出る言葉や行動や打つ手は何も問題無いとやっていくのと、何もかも問題だらけだと思って打っていく手は全然違ってきますよね。

 

満月として完全、完璧、何も欠けてないと最初からいったら安心ですね。

 

その瞬間から喜びで、そして幸せにに生きることができるのです。」とある。

 

本当に心の底から、満月という前提の視点で捉えられたら、幸せに生きることができると言うのが満月理論。
 
そうしようとしても、そのように捉えられないのは、既に自分の中に、そうさせない固定化された基準があるのだろうね。
 
その基準が、価値観、思い込み、拘りなどというものになるのかな。
 
その基準を消せば、本当に心の底から、満月という前提の視点で捉えらるはずだね。
 
その基準は、自分の中で固定化されたものだから、個体意識からの発想で築き上げたもの。
 
だから、自分を個体意識から全体意識に向け続けると、その基準が薄れていき、消えるはずだよね。
 
そのためには、瞑想+「真我の実践」を唱え続けることになるね。
 
この実践が、幸せに生きることに繋がる・・・
 
クリックで応援してね・・・

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願い致します。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

未来の幸せと富を先取りする

YSブログ研究会