読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高い視点を得るには?

自分の命をどのように捉えるか?

 

この捉え方の違いで、自分の視点が変わってくる気がするね。

 

それをどのように捉えると、自分の視点を高くできるのか?

 

高いほうが良いね。

 

低いと見えない領域が多く、少ない部分だけを見て判断することになり、その判断の精度は恐ろしく低い。

 

そのような判断は当てにならない。

 

だから、自分の視点を高くし、より全体を見て判断する。

 

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ3」の頁52に、「500年前のあなたの先祖のもので、今現在残っているものはあるだろうか。・・・

 

あなたはまぎれもなく、何百年も何千年もかけてつながれてきた命、宇宙の叡智、魂を継承しているのである。・・・

 

あなたが継承しているものは、物でも考え方でもなく、命のつながり、魂なのである。」とある。

 

う~ん、このように命を捉える・・・

 

 図解 神のメッセージ3」の頁62には、「・・・自分の子孫の幸せは望むが、伴侶の反映も同時に願っているのである。なぜなら、命が男と女の双方がいてつながっているという真理は、誰も否定できないからである。・・・

 

男と女は、実は、先祖がかすがいなのである。」とある。

 

さらに、 図解 神のメッセージ3」の頁84には、「・・・命という縦のつながりは、自分の先祖だけで成り立っているものではない。

 

自分の父と母がいて、伴侶にも父と母がいる。・・・

 

自分の父母は敬うが、伴侶の父母はどうでもよいとなると、自分の子供を否定することになるのである。

 

伴侶の先祖を心から扱うと、親、夫婦関係、こども、孫、あなたそのものとも言えるこの縦の環境が劇的に好転していく。

 

なぜなら、心の世界はつながっているからだ。・・・」とある。

 

う~ん、このように命を捉える・・・

 

5感で認識する世界を全てであるとせず、このように命を捉えると、自分の視点が高まっていく気がするね。

 

クリックで応援してね・・・

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願い致します。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

図解 神のメッセージ3

未来の幸せと富を先取りする

 

YSブログ研究会