意識次元の変化

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ3」の頁30に、「・・・意識の次元が変化しないと、見える世界はどこまで行っても同じで、形は変わっても同じ出来事の繰り返しとなる。・・・

 

上に上がると、より広い視野で物事を見ることができる。

 

また、思慮も深くなり、全体を見通した考えができる。

 

同じ出来事が訪れても、見え方、捉え方が全く変わり、対処も変わり、結果が変わるのである。・・・」とある。

 

毎朝、何か気づいたことがないかを自問自答するようにしている。
 
気づきがあれば、自分の視野が広がり、意識が高まったと捉えている。
 
自分の意識を個体ではなく、全体に向けることで、気づきが増えていくね。
 
例えば、歩いていて信号待ちしていた時、死んでいる猫を見つけた。
 
このようなことは、記憶にないほど稀なことだったが、数日前に、そのような話を聞いたから、自分の意識が死んだ猫に向けられ、それが現象として現れたと思った。
 
自分の意識が向けられたものが、現象として現れることは、気にしていると本当に良くある。
 
原因と結果の法則、フイルムとスクリーンの話に対する確信が深まる。
 
今日も「真我の実践」を唱え続ける。
 
クリックで応援してね・・・

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願い致します。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

未来の幸せと富を先取りする

YSブログ研究会