無限の人生の始まり

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ」の頁78に、『個体意識とは、学習して、後天的に身につけた意識のことを言う。

 

人が「自分の考え」という時の意識は、ほとんどが個体意識である。

 

全体意識とは、もともとある意識であり、真我、神、宇宙意識とも言う。

 

自分自身の考え方が完璧になくなった時、全体意識になるのである。

 

個体意識は、ちょうど、ガラス玉に自分の空気を入れている状態である。

 

しかし、ガラス玉は、他のガラス玉とぶつかると割れてしまう。

 

そして、割れた時始めて、全体の空気と同化する。

 

それが、死んで生まれ変わることでもある。

 

しかし、ガラス玉を自ら割って、全体の空気と調和することもできる。

 

それが、生きているうちに生まれ変わるということだ。

 

固定観念や思い込みを総て捨て切った時から、無限の人生が始まるのだ。』とある。

 

自分の外側から取り入れたものは、いくら素晴らしい教えや考えであっても、それらを固定化して、自分の中の基準を追加するだけであって、個体意識から抜け出せないのだね。

 

それでは、「自分の考え」が、より出てくる。

 

自分の中の基準である価値観、固定観念、思い込み、先入観、拘りなどに依存せず、無くしていくことで「自分の考え」が出なくる。

 

そうなることで、全体意識になる。

 

これは、もともとある意識だから、自分が思っている自分(偽我)を捨て切ることができれば、気づけるね。

 

どうやって捨て切るのか?

 

自分の意識を、自分が思っている自分(偽我)に向けず、偽我を完全に相手にしない。

 

自分の意識を、誰もに内在する究極の全体意識である本当の自分(真我)に向け続ける。

 

今日も「真我の実践」を唱え続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願い致します。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

図解 神のメッセージ3

YSブログ研究会