読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3つの自分とは?

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ2」の頁22に、『あなたが「自分」と言うとき、そこには3つの自分がいるのだ。

 

自分で評価する自分。

 

他人が評価する自分(あなた)。

 

そして、真我を開いて始めて実感できる「本当の自分」である。

 

人が評価する自分(あなた)は、実はその人が見る自分(あなた)であって、あなたの実体ではない。

 

あなたが自分で評価する自分も、結局は、自分の心を通した思い込みの自分である。

 

いずれも、その人の心の色を通した自分である。

 

後から付け加えた知識、価値観からでもなく、もともと備わっている真我が本当の自分なのである。』とある。

 

普通は、自分で評価する自分を、本当の自分と思い込んでいて、疑いの余地もないね。

 

でも、それは思い込んでいるだけで、本当の自分ではない。

 

それは、自分の心を通した思い込みの自分(偽我)なんだね。

 

本当の自分とは、自分の心を通すこと無く、もともと備わっている自分、本当の自分(真我)なんだね。

 

自分の心とは、自分、自分、自分と言う個体意識からの発想で築いた価値観、固定観念、先入観、思い込み、拘りなどの自分の中の基準だね。

 

その基準に依存せず、囚われることなく、事実をありのままに捉えるができれば、本当の自分(真我)に気づける。

 

そうでなくても、本当の自分は、完全・完璧で、素晴らしい真我なんだと押し通すことで、自分の中の基準が薄れていき、本当に自分は完全・完璧なんだと思えてくるね。

 

今日も「真我の実践」を唱え続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願い致します。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

神のメッセージ 2

YSブログ研究会