生きながらにして生まれ変わる

心の学校 佐藤学長の「人生の急所」の頁26~27に、「・・・どうしたら悩みから抜けだ出せるのでしょうか?

 

方法は一つしかありません。

 

それは、生まれ変わることです。

 

生まれ変わるとは、意識の次元が変わるということです。

 

意識の次元が変われば価値観が変わります。・・・

 

今、私たちは、天命に生きる道を選択しなければならない時期にきています。

 

自分の欲望からくる夢や、目標や、希望をきっぱり捨ててみることです。

 

その時初めて、生まれ変わることができ、今まで見えなかった本質も見えるようになるのです。・・・」とある。

 

意識の次元を変えないと、頭に描いた幸せを追い求めることになり、いつまでも悩みから抜け出せないね。

 

仮に、「欲望」を満たすことができても、つかのまの「喜び」だけで、また新たな「欲望」が湧いてきてしまい、悩みが生じるね。

 

「欲望」は、自分の意識が、自分、自分、自分という自分が思っている自分(偽我)に向けられていて、満たされていない偽我をベースにして発想しているから生じる。

 

この「欲望」を無くすには、どうしたら良いか?

 

自分の意識を、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に向けることで、満たされた真我をベースにして発想する。

 

そうであれば、今、この瞬間から、既に満たされた本当の自分(真我)であるから、全く不足感は無く、「欲望」は生じないね。

 

さらには、「喜び」が湧き上がり、その「喜び」が永続的に続く。

 

● 頭に描いた幸せ:「欲望」を満たすことによる「喜び」であり、つかのまの「喜び」→個体意識からの発想

 

● 本当の幸せ:「欲望」を無くすことによる「喜び」であり、永続的な「喜び」 →全体意識からの発想

 

本当の幸せは、自分の意識を真我にフォーカスし続けることで訪れるね。

 

今日も「真我の実践」を唱え続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願い致します。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

人生の急所

YSブログ研究会