自分自身を100%認める

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ」の頁107に、「自分の中に眠っている能力は、自分自身を認めた分だけ発揮される。

 

1認めると1の力、3認めると3の力が出る。

 

自分自身を100%認めることができた時、あなたは神を自覚することができるのである。

 

なぜなら、あなた自身の真我は神であり、神は100%だからだ。

 

真我(神)=無限の自分(∞)

 

これだけ気づいた! → 気づいたぶんだけ、力が出る

 

自分をどれだけ認められるようになるか、それがあなたの人生・・・

 

全部を認められたら、神を自覚できる」とある。

 

あなたは完全・完璧で素晴らしい(満月)と言われて、素直に認めることができる自分であれば良いね。

 

もし、そのように思えないとしたら、それは自分の頭の中の基準で、判断している。

 

その基準で判断するので、自分自身を満たされた満月ではなく、満たされてない三日月と見てしまう。

 

それと同様にして、その基準で判断するので、相手に対しても、満たされてない三日月と見てしまう。

 

三日月と見ながら生きているので、頑張って満月になろうとしたり、あきらめて三日月だと思い込んで、その状況を受け入れている。

 

真実は、誰もが既に満たされた満月なのに、自分の頭の中の基準である固定観念、価値観、先入観、思い込み、拘りなどが、満たされてない三日月と見させられている。

 

自分の頭の中の基準は、自分、自分、自分と言う個体意識からの発想で築いたものなので、自分の意識を、誰もに内在する究極の全体意識に向け続けることで、その基準を消すことができるね。

 

全体意識になれば、個体意識で築いた基準はなくなり、自分も、相手も、三日月でなく満月となるね。

 

今日も「真我の実践」を唱え続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願い致します。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

神のメッセージ―究極の悟りを求めているあなたへ

YSブログ研究会