自分の人生は自分で決めてよい

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ3」の頁74に、「人は誰しも、自分の成長を望んでいる。

 

成長とは、教えや考えという知識を増やすことではない。

 

本当の成長とは魂の成長のことを言う。

 

一枚一枚、薄皮を剥ぐように、昨日まで自分ができなかったことを、今日はできるようになることである。

 

人は、自分自身が限界を作っているのである。・・・

 

自分の経験や思い込みで枠を決めてしまうのである。

 

その枠を超えていくことが自分の成長である。・・・

 

自分の人生は自分で決めてよいのである。・・・」とある。

f:id:tamago0141:20161015064702j:plain

以前は、自己成長とは、自分を不完全と捉えていることから発想していたので、満たされていない自分対して、自分の外側から何かを取り入れ、その何かを補うことで、自分を満たそうとしていた。

 

その何かが、素晴らしい教えや考えなどの知識だったりする。

 

自分が思っている自分(偽我)が、満たされていないと思い込んでいるので、どんどん外側から何かを取り入れ続ける。

 

そうすることで、自分の中に基準が設定されていき、制約が増え続ける。

 

これでは、益々自分自分の限界を強化することになり、苦しくなるね。

 

こんなことをしていくと、精神的な八方塞がりに陥る。

 

昨年末に、実際に陥ってしまった。

 

もう、どうすることもできない状況になって、やっと気づくことができた。

 

本当の自分(真我)は、既に満たされているのだと。

 

今、この瞬間、自分は満たされてると感じることができている。

 

自分を不完全と捉えていると、「自分の人生は自分で決めてよい」と言われても、そのように思えない。

 

しかし、本当の自分(真我)に気づくと、自分の能力を有限ではなく、無限に感じられ、本当に、自分の人生は自分で決めることができると思えてくる。

 

今、この瞬間、瞬間が、素晴らしい感覚に包まれている。

 

今日も「真我の実践」を唱え続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願い致します。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

図解 神のメッセージ3

YSブログ研究会