思い切り頭(ハンドル)を向ける

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ3」の頁32に、『・・・せっかく真我に覚醒しても、自分で真我を認めなければ、それは現れてこないのである。

 

反対に変化を認めると、心はその方向に向いてさらなる変化が現れ、確信が深くなっていく。・・・

 

真我に覚醒したら、真我の方向に、思い切り、頭(ハンドル)を向けるのである。

 

間を空けない一つの方法は、「真我の実践」を心の中で常に唱えることである。』とある。

f:id:tamago0141:20160619060554j:plain

真我とは本当の自分で、誰もに内在する究極の全体意識だね。

 

真我は愛そのもので、真我に目覚めると、体の中から喜びが溢れてくる。

 

プラス思考のように、ポジティブなことを頭で考えることとは、全く異なるね。

 

今、この瞬間に、体の中から喜びが溢れていなくても、一度でも素晴らしい本当の自分(真我)を味わったことがあるのなら、私は本当の自分(真我)であることを認めることが大切だね。

 

自分が自分だと思い込んでいる自分(偽我)が、もの凄く抵抗してくるけど、思い切り、自分の意識を本当の自分(真我)に向け続ける。

 

そうすることで、心が澄みきってきて、体感が得られ、体の中から喜びが溢れてくるね。

 

今日も「真我の実践」を唱え続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願い致します。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

満月の法則

YSブログ研究会