読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あなたの心が作り出す世界

真我

心の学校 佐藤学長の「ダイヤモンド・セルフ」の頁20~21に、『・・・仮に今、一見して人相の悪い人が目の前に現れたら、あなたはどう思うでしょうか。

 

「この人は怖い人かもしれない」と思うはずです。

 

しかし、その人のことをよく知っていて、彼はとても気の優しい、よい人だとわかっていたら、怖い人だと思わないはずです。

 

このように、人を見るときも、自分の価値観でしか見ることができないのです。

 

つまり、その人の真実がそこに存在しているのではなく、その人をそのように評価している自分の心があるだけなのです。・・・

 

つまり、外で起きていることには、それ自体として固定された意味はないのです。

 

その意味はあなたの心が決めているからです。・・・』とある。

 

目の前のあらゆる現象は、それ自体として固定された意味はない。

 

このように思えるだろうか?

 

自分の価値観を通して見ていては、どうしても思えないね。

 

固定された意味が、あるではないかとなる。

 

でも、それは自分の思い込み、決めつけに過ぎないのだね。

 

自分が自分だと思い込んでいる自分(偽我)が、頭の中で囚われている基準(価値観、固定観念、思い込み、拘りなど)を捨て去る、相手にしないことで、目の前のあらゆる現象が、真っ白なキャンバスになる。

 

そこに描くのは、自分の心になる。

 

だから、自分が認めたものが、現れるだね。

 

今日も「真我の実践」を唱え続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願い致します。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

満月の法則

YSブログ研究会