正しい真理の受け止め方

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ3」の頁126に、『・・・真理は、みな等しく真我であるということである。

 

真我は、究極の愛、喜び、宇宙の心である。

 

そこには矛盾はないのであるが、私たちの業やカルマがフィルターとなって物事が歪んで見えるのである。

 

学びも真理ではない。

 

宇宙をいくら学んでも、それは知識の宇宙であって、真の宇宙ではない。

 

脳で考えても真理は絶対にわからないのである。

 

しかし、真我が出てきたときに価値観は消える。

 

真我は脳で考えて出せるものではない。

 

真我の実践をしたときに、自分の考えや価値観が消えるのである。

 

そうなったときに、初めて、真理で生きていると言えるのである。』とある。

 

f:id:tamago0141:20160625071559j:plain

 

人間の心では、業やカルマがフィルターとなって物事が歪んで見えるのだね。

 

自分自身に対しても、歪んで見えるので、満たされていないと思い込んでいる。

 

誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分である宇宙の心に、自分の意識を向け続けることで、そのフィルターが「愛そのもの」のエネルギーで溶かされ、消えていくのだね。

 

人間の心ではなく、宇宙の心で生きることが、真理で生きると言えるのだね。

 

今日も「真我の実践」を唱え続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願い致します。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

 満月の法則

YSブログ研究会