「想いの力」でなく「宇宙の力」

心の学校 月刊ニュースレター Vol.160の今月の言葉は、『・・・みなさんが何世代も前から背負っている業、潜在意識、過去世からの業も全部に真我の光りを照らせば、背負ってきた業、記憶、思いは、いつからのものでも関係なく手放せるわけです。

 

真我とは真の我ですから、その本当の自分に目覚めたら偽我はパッと消えてしまいます。

 

手放せといっても手放せないものが、本当の自分が出てきたときに手放せるわけです。

 

あなたの脳が作り出す想いの力、深層心理にある無意識の想いの力、それらにまだあなたが縛られていると感じたなら、真我に踏み込んでいくのです。

 

真我の実践をしていくのです。・・・』とある。

 

相手や自分を「満月」として捉えようとして、「満月」と言う言葉に、自分の中の過去の記憶が、自動的に反応していると、「想いの力」になるね。

 

佐藤学長のCDで「想念じゃないです。」と言う言葉を聞いて、その瞬間、自分の意識が深く入った。

 

「図解 神のメッセージ3」では、自分の考えを止めた時に、真我からの智慧が出るとある。

 

「想念の力」ではなく、「宇宙の力」なんだね。

 

油断すると、「想念の力」になってしまう。

 

自分の考えを止めるためには、自分の中の過去の記憶を、真我のエネルギーで浄化し続けるだけだね。

 

今日も「真我の実践」を唱え続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願い致します。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

満月の法則 

YSブログ研究会