真理で生きていく

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ3」の頁108に、『・・・泥沼でもがき苦しんでいる時に、天から下がっている黄金のロープを見つけて掴んだら、そこから抜け出せるのである。

 

だが、時に人は、いったん抜け出せると、黄金のロープを放してしまう。そうすると、元の泥沼の中で苦しむことになる。

 

黄金のロープを見つけたら、二度と放さないことだ。

 

すなわち、真我に目覚めたら、そこから真我で生きる人生を歩むのだ。

 

真我を、何かの願望実現の道具と勘違いしてはいけない。真我はあなたの実相であるから、その真理で生きていくのである。』とある。

 

f:id:tamago0141:20161231082628j:plain

 

泥沼でもがき苦しんでいる時は、必死だから何とかしようと真剣になる。

 

泥沼からいったん抜け出せると、その真剣さが薄れてしまい、以前の状態に戻ってしまう可能性があるね。

 

だから、環境原因が非常に大切で、自分に合った「常に真我に触れる環境」を作ることで、泥沼に戻らないための再発防止ができるね。

 

泥沼でもがき苦しんだ根本原因は、自分の意識が、自分だと思いこんでいる自分(偽我)に向かい過ぎたことによる。

 

だから、宇宙から辛さや苦しみが与えられる。

 

それは良いとか悪いとかと言うものではなく、ただただ宇宙の法則による愛のメッセージなんだね。

 

でも、どうせなら素晴らしいスクリーンを見続けたいね。

 

そのためには、真理で生きていくことだね。

 

自分の意識を、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我、まんまる)に向け続ける。

 

昨年の12月は、私は泥沼にいた。

 

もう泥沼には絶対に戻らないので、今日も「真我の実践」を唱え続ける。

 ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願い致します。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

満月の法則

YSブログ研究会