今この瞬間の最適な判断

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ3」の頁36~37に、『・・・人間は、過去の記憶によって判断し行動をしている。・・・

 

過去の出来事をいつまでも持っているのは、人間独特の脳である。

 

過去の持ち越し苦労、未来への取り越し苦労は、あなたが捉えたものに過ぎず、その枠に自分をはめて非常に不自由である。

 

今この瞬間に起きていることは、過去にも未来にもどこにもない、比べることのできないことだから、何にも囚われない今この瞬間の最適な判断をするとよいのである。

 

それには、あなたに内在している真我を出すことである。

 

その判断で行動した結果、過去の因縁が消えて結果が変わるのである。』とある。

 

f:id:tamago0141:20160618224756j:plain

 

頭で考える世界は、物事を固定化して頭に留めて、それに基づき判断する。

 

5感による認識したものは全てではなく部分でしかなく、この世は常に変化していて無常である。

 

だから、頭で考える世界は、上手くいかないね。

 

真我の世界は、何にも囚われず、物事のありのままを捉えて固定化しない。

 

自分の意識を真我に向け続けることで、見たり聞いたりすることに対して、ああだこうだと思いが湧き上がらず、現象に反応しない心でいられるね。

 

この状態だと、心の混乱がなく、自分のエネルギーが消耗しないね。

 

この状態であれば、今この瞬間の最適な判断をできる自分と言えるね。

 

自分のエネルギーを高める(ハイバイブレーション、意識次元を上げる)には、自分の意識を、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我、満月、まんまる)に向け続ける。

 

今日も「真我の実践」を唱え続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願い致します。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

満月の法則

YSブログ研究会