読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分の価値観が消える

真我の実践

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ3」の頁126に、『・・・真理は、みな等しく真我であるということである。真我は、究極の愛、喜び、宇宙の心である。

 

そこには矛盾などないのであるが、私たちの業やカルマがフィルターとなって物事が歪んで見えるのである。

 

学びも真理ではない。

 

宇宙をいくら学んでも、それは知識の宇宙であって、真の宇宙ではない。

 

脳で考えても真理は絶対にわからないのである。

 

しかし、真我が出てきたときに価値観は消える。

 

真我は脳で考えて出せるものではない。

 

真我の実践をしたときに、自分の考えや価値観が消えるのである。

 

そうなったときに、初めて、真理で生きていると言えるのである。』とある。

 

f:id:tamago0141:20160625071559j:plain

 

自分の5感で認識しているものは、全て真我であり、その真我は、究極の愛、喜び、宇宙の心であることが真理なんだね。

 

究極の愛、喜びなんだけど、物事が歪んで見えるは、自分の業やカルマがフィルターになっているからだね。

 

この真理を理解していれば、物事が歪んで見えた時の対応が変わっている。

 

以前なら、目の前の現象に振り回されていたけど、この真理の理解で対応が変わってくる。

 

それはどのようにか?

 

物事が歪んで見えた時、「ああ、これは、自分の業やカルマがフィルターとなっているからだな。」と自分を俯瞰して見ることができる自分になれる。

 

この自分であれば、目の前の現象に振り回され、エネルギーを消耗することはないね。

 

この自分であれば、このことによって、宇宙は自分に何を伝えようとしているのか?どのようなメッセージなんだろうか?と言う思考回路になることができる。

 

この思考回路によって、気づきが起きる。

 

気づきが起きると言うことは、自分が囚われていた、執着していた価値観が消えたとも言えるね。

 

この思考回路によって、どんどん気づいていくことは、真我の実践であり、真理で生きていると言えるね。

 

今日も「真我の実践」を唱え続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願い致します。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

満月の法則

YSブログ研究会