読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

事象に振り回されない

マジックミラーの法則

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ3」の頁76に、『私たちは物事が起こると、それに一喜一憂する。

 

感情や価値観に振り回されて、これは良いこと、これは悪いことと受け止めてしまう。

 

しかし、本来、その事象には良いも悪いもない。

 

良いと判断する土壌があなたの中にあるから、良いこととなり、逆に悪いと判断する土壌があるから、悪いこととなるのである。

 

起きている事象そのものには、本来、意味はないのだ。

 

そのような結果になる原因があったから、その事象が起きているだけである。

 

その結果がどうであれ、それらはすべて学びであり成功である。

 

失敗、成功と捉えるものも、ひとつの捉え方に過ぎない。

 

たとえば、失敗と思ったことから学んだものはすべて成功になるではないか。

 

やったことはすべて成功なのである。』とある。

 

自分が自分だと思い込んでいる自分(偽我)に意識が向いていると、鏡の法則(ミラーの法則)が機能し、事象(外界)から自分の業・カルマ(三日月)が反射してくる。

 

それによって、事象(外界)に振り回されることになる。

 

事象(外界)に振り回されないようにするには、どうしたら良いのだろうか?

 

鏡の法則(ミラーの法則)を機能させなくさせれば良いね。

 

ミラーの法則ではなく、マジックミラーの法則を機能させれば良いね。

 

そのためには、どうしたら良いだろうか?

 

自我意識だとミラーの法則、宇宙意識ならマジックミラーの法則が機能するね。

 

自分の波動が粗いと事象(外界)に、自分の業・カルマが反射するけど、自分の波動が精妙になり、高いエネルギーとなれば、反射することなく、素通しになるのだね。

 

自分の業・カルマ(三日月)が反射してこないから、事象(外界)に振り回されず、事象(外界)をありのままに捉えることができる。

 

だから、誰もに内在する究極の全体意識、宇宙意識、本当の自分(真我、満月、まんまる)に、自分の意識を向け続ける。

 

今日も「真我の実践」を唱え続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願い致します。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

満月の法則

YSブログ研究会