読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛の心から出る発想

その他

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ3」の頁54に、『・・・人には、人に協力したいという本能があるが、強い人は、「自分が」が出てしまって、なかなか協力してもらいにくい面がある。

 

実は、弱い人のほうが強く、調和しやすいのである。

 

弱いということを自分で認めると、その弱さを補ってくれる人を求めることになる。

 

自分にはないものを、人が持っているということに気づいて謙虚になる。

 

感謝をすることができるようになる。

 

そしてまた、それは、その人を生かすことにつながる。

 

弱いということは、他を生かすことができるのである。

 

そのように物事を進めていくと、発想も変わってくるし、自分一人ではかなわなかった大きなことを成し遂げることができるのである。』とある。

 

f:id:tamago0141:20160702070016j:plain

 

「自分が」が出て頑張ってしまうのは、自分が自分だと思い込んでいる自分(偽我)の中の基準(固定観念、価値観、先入観、思い込み、拘りなど)に基づき、発想しているからだね。

 

それでは、自我意識が強化される。

 

そうではなくて、その基準(固定観念、価値観、先入観、思い込み、拘りなど)に囚われず、自分をありのままに捉え、それを認められる自分になることで、周りの人も自分も生かすことができる。

 

自然に調和が訪れるね。

 

これが愛の心からの発想と言えるね。

 

そうなるためには、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我、満月、まんまる)に、意識を向け続ける。

 

今日も「真我の実践」を唱え続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願い致します。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

満月の法則

YSブログ研究会