本当の自分によるやり方

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ3」の頁82に、『人は、何かをしようとするときに、設計し計画を立てて、まずシステムを作ってから、その中に事柄をあてはめようとしがちである。

 

しかし、このやり方では、意図しない出来事が起きてしまうと、システムありきになって対応ができなくなる可能性がある。

 

特に新しいことを始めようとするときには、頭の世界で考えた通りにしようとしても、人や社会の反応はその通りにいかない場合が多い。

 

本来は、まずやってみる。

 

そして、やってみたっ結果をシステムにしていくのである。

 

子供を育てる場合も、育児書の通りにはならない。

 

一般常識や自分の考えをはずして、子供の反応をみながら、それに対応していけばよいのである。

 

そこに、価値観や固定観念が先に来るから、ちぐはぐになるのである。

 

万事において、まずはやってみる、反応を見る、それに合わせる。

 

これをやっていけば、矛盾は起きないのである。』とある。

 

f:id:tamago0141:20160619075106j:plain

 

頭の世界で考えた通りにしようとしても、上手くいかないね。

 

これは、過去の出来事から固定化した記憶に基づいて発想していることになり、それによって常に変化してるものに対して、決めつけることになるからだね。

 

さらには、5感で認識したものは、限定された条件によるもので、全体ではなく部分を捉えているに過ぎない。

 

常に変化しているものに対して、部分を見て決めつけていく発想では、上手くいかないね。

 

では、どうしたら良いのか?

 

まずは、やってみることなんだね。

 

それで反応を見て、その反応に合わせていく。

 

常に変化していくものに対して、調和させていく発想だね。

 

そのような自分になるには、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我、満月、まんまる)に、意識を向け続ける。

 

今日も「真我の実践」を唱え続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願い致します。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

満月の法則

YSブログ研究会