全体に向かって光を放つ

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ」の頁20に、『「自分、自分、自分・・・」と、自分のことばかり考える人はエゴの人である。


人がどう見ているかが気になり、悲観的になり、ストレスが溜まる。


それに対し、「あなた、あなた、あなた・・・」と、いつもまわりの人に向かって愛を放つ人は、真の愛の人である。


自らうちになる真我の光をそのまま全体に向かって放つ人は、これからの愛の人である。


そういう人たちは、無尽蔵に愛を人々に放つことができる。


そして、自らにストレスがたまることもなく、矛盾も生まない。


全体に向かって光を放つ人が、本当の愛の人なのだ。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170129211311j:plain

 

 自分が自分だと思い込んでいる自分(偽我)の中には、強固な基準があって、それに基づき発想している。


それは当たり前だと思い込んでいるので、そこから抜け出すのは難しい。


とても辛く苦しい状況になることで、やっと抜け出すきっかけが生じるね。


もがき苦しむプロセスにおいて、自分の意識が自分(偽我)に向いていたことで、とても辛く苦しい状況になったことに気づける。


その気づきによって、自分の意識を、誰もに内在するする究極の全体意識、本当の自分(真我、満月、まんまる)に向けることができる。


与えられた答えは、自分の答えにはならなく、自分で気づくことで、自分の答えが得られる。


外側ではなく、100%自分の中に答えがあるのだね。


今日も「真我の実践」を唱え続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)

満月の法則

YSブログ研究会