読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本当の自分は迷っていない

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ2」の頁104に、『天気は晴れたり曇ったり、時には大雨や大雪、台風のように暗くなったり荒れたりする。

 

しかし、どんなに大雨が降っていても、飛行機で雲を突き抜けると、常に煌々と輝く太陽があるのだ。

 

私たちの心も、心の一番奥には、元々、常に光り輝いている太陽のような心、「真我」があるのだ。

 

「真我」は元々、完全で、完璧で、明るく光り輝き、迷っていない、愛そのものの心である。

 

それが本当のあなたなのである。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170131205130j:plain

 

頭で考える幸せは、自分の外側のものを満たすことで得ようとする。

 

たとえ得られても、それは一過性のもので、またさらに何かを、自分の外側のものを追い求める。

 

自分の外側のものを追い求めている限り、本当の幸せにはなれない。

 

どうすれば、本当の幸せになれるのだろうか?

 

それは自分の内側にあるのだね。

 

例外なく、誰であっても自分の内側にあるね。

 

しかし、心を自分だと思い込んでいると分からない。

 

心は太陽を見えなくさせている雲で、その雲を消していくことで、太陽が見えるようになる。

 

太陽を見えなくさせている雲を消すには、真我の実践の継続だね。

 

そのプロセスにおいて、太陽が見えてきて、本当の自分(真我、満月、まんまる)のエネルギーで、生かして頂いている事実に気づける。

 

そうなることで、常に満たされた感覚があり、「楽」を超えて「極楽」と言えるかもしない。

 

今この瞬間、ただただいるだけで、本当にありがたいなと思えてくる。

 

誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我、満月、まんまる)に、意識を向け続ける。

 

今日も「真我の実践」を唱え続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願い致します。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

満月の法則

YSブログ研究会