読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大きな見えない力

宇宙の法則

心の学校 佐藤学長の「生命の覚醒」の頁42~43に、『・・・心臓を動かしているのは、私たちの意思ではありません。

 

毛細血管はつなげると地球を一周するくらい長いといわれていますが、その毛細血管の隅々まで休まず血液を送っているのも、私たちの意思ではありません。

 

食べたものは消化吸収し、血液となり肉となり、要らないものは前と後ろから排泄されます。

 

この心臓は、ある一定のリズムで動いています。

 

目は暗いところに行くと、パッと瞳孔が開きます。

 

現代技術でいくら研究しても、この目はできません。

 

男女が出会って妊娠し、子供が生まれる頃には、自然とおっぱいが出てきます。

 

まさに、これは宇宙の神秘なのです。

 

私たちは、自分であって自分ではないのです。

 

まさに神の現われ、といってもいいのです。

 

私たちが頭で描く自分ではなく、もっと大きな見えない力に動かされているのです。

 

自分の意思で動かせるのは、手と足と、目と口が少し動かせる程度で、ほとんど見えない世界で動かされているのです。

 

これを神といわずして、何というのでしょうか。・・・

 

神は、あなたの中にいるのです。

 

そして、あなたは神の現われなのです。

 

それがわかれば、何もこわがるものはありません。

 

宇宙には方位方角はありません。

 

宇宙は、あなたが愛そのものに目覚めていった時に、全方位になるのです。

 

あなたの行く所総てが喜びと愛と感謝に満ち溢れた世界が、無限に広がっていくことでしょう。

 

これからは、神である本当の自分に目覚めていくことが大切なのです。』とある。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)で生きていると、意識が「自分、自分、自分」に向いていて、自分(偽我)で生きている思いが強くなるね。

 

その発想から行動すると、不調和が生じ上手くいかない。

 

上手くいかないと、もっと頑張らないと言う思いで、さらに不調和を強めることになり、悩みや苦しみが生じることになる。

 

それは、宇宙からの強烈なメッセージであり、不調和に気づきいて調和して欲しいと言う愛のメッセージだね。

 

それによって気づくことができると、意識が自分(偽我)に向いていたことが、不調和を生じさせていたと思えるようになる。

 

さらには、自分は大きな見えない力によって生かされている存在なのだと気づくことができる。

 

その気づきを信じることで、宇宙からそれを後押しするかのような愛のエネルギーが頂けるようになるね。

 

とても深い所から満たされ喜びで溢れてくる。

 

そこからの発想で日常生活を送ることで、人生は素晴らしくなるね。

 

今日も「真我の実践」を唱え続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願い致します。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

満月の法則

YSブログ研究会