読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生で最も大切なもの

心の学校 佐藤学長の「生命の覚醒」の頁234~235に、『・・・真我を開くことによって、みなさんの考え方が変わるし、出てくる言葉も態度も顔つきまでも変わります。

 

そうすると、これはどういうことかというと、真我を開くということは、何よりも優先順位の一番にしなければいけないということです。

 

真我とは真の我です。

 

本当の自分を開いていくことが一番なのです。

 

本当の自分、あなたそのものを出していくということが一番でなければ、何を一番にしたらいいというのでしょうか。

 

それを間違えてしまっては、本末転倒なのです。

 

そこから総てが発生するのです。

 

仕事も家庭も健康も全部、本当の自分が生み出していくのです。

 

例えば「あなたの人生にとって最も大切なものを百個書き出してください。そして、その中で大切なものから順番に番号をつけてください」といったら、どうでしょうか。

 

おそらく全員、同じものが一番になると思います。

 

それは、自分の命そのものです。それが一番になるはずです。

 

それがあれば、残りの二番から百番まで全部たしても、一番にはかなわないのではないでしょうか。

 

その一点をやっていったら、他のものは全部、自動的に変わってくるのです。

 

人もモノも、あらゆる出来事も、あらゆる状況も全部変わっていくのです。

 

それだけは、みなんさんに何度も伝えていきたいと思っています。

 

真我を開くということは、精神的な悟りではないのです。

 

もちろん、学問的な悟りでもありません。

 

これは、命の悟りなのです。

 

命の悟りですから、絶対、優先順位の一番なのです。・・・』とある。

 

「本当の自分」だと錯覚して「エゴの自分」で生きていては、悲しいね。

 

また、生きているにも関わらず、何のために生きているかが分からないのも、悲しいね。

 

自分を認めることが大切だと頭で分かっていても、自分を認めることができないのは、何故だろうか?

 

自分の中の基準(固定観念、価値観、先入観、思い込み、拘りなど)に囚われているからだね。

 

意識が「エゴの自分」に向いていては、その基準は外れないね。

 

誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我、満月、まんまる)に、意識を向け続けることで、その基準を外していくのだね。

 

そうするプロセスで、どんどん自分を認めることができる自分になっていけるね。

 

本当の自分(真我、満月、まんまる)は無限なので、自分を認め続けていくこと、自分の中の基準(固定観念、価値観、先入観、思い込み、拘りなど)を外していくことが、生きる目的そのものなのだね。

 

今日も「真我の実践」を唱え続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願い致します。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

満月の法則

YSブログ研究会