苦手な人に感謝できる発想

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ3」の頁12に、『Aさんとはとても馬が合うし仲良くできる。ちょっとしたことがあっても、よい関係でいることができる。

 

一方、Bさんとは、会えば、すぐに言い合いになってしまう。

 

だから、Bさんとは関わらないようにするということで解決するのかというと、それは表面的なことにすぎない。

 

AさんやBさんでなくても、同じようなタイプと出会うと、あなたの心はいつでも同じように反応して、同じような結果になってしまうのである。

 

あなたの心の中に根本原因があるからである。

 

AさんやBさんが、現われようがあらわれまいが、あなたの心の中には、そのタイプはうまくいく、反対に苦手という因があるのである。

 

それが、表に現れるかどうかは、外界の縁が訪れるか否かということである。

 

因(タネ)である根本原因が、縁という環境原因と反応して、結果となるのである』とある。

 

f:id:tamago0141:20170311082930j:plain

 

どんな人にも愛と調和と喜びしかない。

 

それなのに、苦手な人に対して、苦手と思ってしまう自分がいるのはどうしてだろうか?

 

自分の中に、何かに囚われているものが、それが原因で目の前の現象が歪んで捉えてしまうのだね。

 

自分の意識を高めることを、人生の目的そのものとしたら、その何かに囚われていることに気づかせてくれた、苦手な人に対して、ありがたいなと思えないだろうか?

 

自分だけでは気づくことができない気づきを、苦手な人に出会うとこによって気づきを得られたことで、苦手な人に感謝できるようになるね。

 

自分の意識を高めることを、人生の目的そのもののに関して、???なら、自分は何のために生きているのだろうかを自問自答してみることが大切だね。

 

今日も「真我の実践」を唱え続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願い致します。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

満月の法則

 

YSブログ研究会