読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

原因も結果もない世界

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ3」の頁16に、『因と縁が反応して、果になる。

 

ということは、因が変われば、果がかわるということである。

 

チューリップの種は、どこに植えようとチューリップにしか咲かない。

 

では、私たちの人生も既に決まっているのかというと、実は人の因は変えられる。

 

根本原因である記憶の塊は、その奥にある真我を引き出すことによって、自由に変えることができるのである。

 

真我とは、私たちの一番深いところに内在している、宇宙意識、神意識のことである。

 

これを引き出すと、魂の底からわきあがる深い感謝と喜びを感じる。

 

そしてさらに、それより浅い部分にあった記憶である根本原因が変わる。

 

例えば、根本原因である心が両親を恨んでいたとしても、真我は究極の愛の心であるから、愛と感謝に変わってしまうのである。

 

感謝と恨みは、同居できない。闇と光は同時に存在できないのである。

 

真我は、原因も結果もない世界であるから、すべてを光に変えることができる。』とある。

 

f:id:tamago0141:20160919082927j:plain

 

人の根本原因である記憶の塊が変えられないのであれば、人はチューリップのように、人生は既に決まってしまっていることになる。

 

でも、その記憶の塊は、変えることができるのだね。

 

誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我、満月、まんまる)に目覚めことで、その記憶の塊を変えることができるのだね。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識を向けるのではなく、その本当の自分(真我、満月、まんまる)に意識を向け続ける。

 

そうすることで、その記憶の塊が変わり、人生は素晴らしくなるのだね。

 

今日も「真我の実践」を唱え続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願い致します。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

満月の法則

YSブログ研究会