読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

意識次元を上げるとは?

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ3」の頁28に、『人は無限次元で生きている。

 

次元とは、物の捉え方のことである。

 

物事の捉え方は、自分の背負っている記憶に起因する。

 

記憶とは、人に内蔵されているプログラムのようなものである。

 

あるデータが入力されると、決まった結果が出てくるのである。

 

入力するデータは同じなのに、人によって出てくる結果は違う。

 

人を見たらプレゼントをするサンタクロースと、人を見たら奪うことを考えるドロボーでは、入力は同じだが引き起こされる結果は違う。

 

この次元は変えることができる。

 

ドロボーも、意識の次元を上げることでサンタクロースになることができる。

 

意識次元を上げるとは、何かを勉強することではない。

 

モチベーションを強化しても、ドロボーは大ドロボーになってしまうだけだ。

 

過去の捉え方が変われば、意識次元が変わる。』とある。

 

 f:id:tamago0141:20170318222747j:plain

 

自分の背負っている記憶が、ポイントだね。

 

その記憶がどのようなものであるかで、物事の捉え方が変わってくる。

 

頭ではドロボーは悪いことだと分かっていても、その記憶によっては、どうしてもドロボーをしてしまうことになるのだね。

 

人生を素晴らしいものにするためには、その記憶を書き換えないといけない。

 

自分でも分からないような過去の記憶の囚われを外すことになる。

 

そのようなことができるのだろうか?

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に、意識が向いていると、その過去の記憶の囚われは外れないね。

 

誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我、満月、まんまる)に、意識を向け続けることで、自分の内側から愛そのもののエネルギーが湧き上がってきて、過去の記憶を書き換えてくれる。

 

それによって、意識次元が上がり、物事の捉え方が変わり、人生が素晴らしいものになっていくのだね。

 

今日も、本当の自分に意識を向け続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願い致します。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

満月の法則

YSブログ研究会