読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心のポリープの除去方法

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ3」の頁56に、『人間の心を医療機器のMRIのようなもので見ることができたとしたらどうであろう。

 

そして、それに映った心にポリープが見つかったとしたらどうするであろうか。注射を打っても、手術をしても、かなわないのは明白である。

 

ところが、誰も、心の治し方の方法がわからないから、体と同じ方法で薬を投与して治そうとする。

 

心のポリープを取り除くには、その心になった原因をわかって、その原因にてをつけなければならないのである。

 

心の原因は、その人が過去に捉えた記憶と、今の環境である。

 

記憶が、恨みや憎しみや悲しみでいっぱいだったら、ポリープもできるし、それは薬では治らない。

 

また、環境がそれを増長させるものであったら、やはり善くならない。

 

これを解消するためには、心という根本原因を真我を引き出して変え、真我で生きていく環境を整えていくことである。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170401171104j:plain

 

心のポリープを取り除くには、真我を引き出して、真我で生きていく環境を整えていくことなんだね。

 

そのためには、自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)ではなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我、満月、まんめる)に、意識を向け続けることだね。

 

具体的には、「真我の実践」を唱える、善き言葉であるマントラ真言)を唱えることになる。 

 

「真我の実践」の唱え方(一人で唱える)は、

 

・声に出さない

 

・心の中で「真我の実践(しんがのじっせん)」と唱える

 

・「真我の実践、真我の実践、真我の実践、真我の実践・・・・・・」と何度も唱え続ける

 

のたったこれだけになる。

 

どうして唱えるだけなのにと思うかもしれないけど、言霊の力で意識が「真我」にフォーカスしていくのだね。

 

唱える時の注意点としては、願望を持つことなく、ただただ淡々と唱えることに徹することになる。

 

願望を叶えるための手段として唱えると、意識が「偽我」に向いてしまうから注意しなければならない。

 

自分の場合は、唱えることで、体が共振共鳴を起こす体感があるけど、それを1年以上、唱え続けた経験から、唱え方で、その体感の強度が増すことが分かった。

 

唱えるだけなのだけど、「心の中で」ではなく、「心を超えたところで」で唱えると、物凄いパワーを感じることができるね。

 

「心を超えたところで」と言っても、感覚的だから分からないと思うけど、極限まで力みを無くした状態で唱える感じかもしれない。

 

今日も本当の自分に意識を向け続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願い致します。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

満月の法則

YSブログ研究会