相手を受け入れる発想

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ3」の頁66に、『強い人というと、競争に勝つ、力が強い、弁が立つなど、相手を負かすイメージを持つが実はそうではない。


人とぶつかって、力が勝つ方法では、敵を作りやすい。


負けないように、いつも自分を権力や言葉や金などで武装していなければならないだろう。


これは、自分自身が一番つらい、いばらの道である。


そうではない最も良い方法は、相手を受け入れることである。


受け入れるということは、相手の言う通りのことをやるということではない。


相手の良いところを見つけて、心から認めて讃えるのである。


自分を認めてくれたときに、人は心の扉が開く。


そうしたら、相手は、自然と自分から行動するようになるのだ。


老若男女問わず、人はそのようにできている。


一切のトラブルがなく、力もいらない、最も安全で楽な道なのである。』とある。


f:id:tamago0141:20170406183608j:plain


相手を受け入れ、相手の良いところを見つけて、心から認めて讃えることが、最も安全で楽な道なのだね。


これは、個体意識からでなく、全体意識からの発想をして行動することとも言えるね。


自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いている時は、個体意識と言える。


なかなか自分だけでは、その個体意識になってしまっていることに気づけないから、宇宙から苦しみや辛さを伴うメッセージが来るのだね。


すぐに気づけるのであれば、その苦しみや辛さは小さくてすむが、なかなか気づけないと、とても大きなものとなるね。


でも、それは有り難いメッセージなんだよね。


誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我、満月、まんまる)に意識を向け続け、全体意識からの発想で行動することが、最も安全で楽な道になる。


今日も本当の自分に意識を向け続ける。


YSブログ研究会