事象の心の反応で学ぶ

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ3」の頁76に、『私たちは物事が起こると、それに一喜一憂する。


感情や価値観に振り回されて、これは良いこと、これは悪いことと受け止めてしまう。


しかし、本来、その事象には良いも悪いもない。


良いと判断する土壌があなたの中にあるから、良いこととなり、逆に悪いと判断する土壌があるから、悪いこととなるのである。


起きている事象そのものには、本来、意味はないのだ。


そのような結果になる原因があったから、その事象が起きているだけである。


その結果がどうであれ、それらはすべて学びであり成功である。


失敗、成功と捉えるものも、ひとつの捉え方に過ぎない。


たとえば、失敗と思ったことから学んだものはすべて成功になるではないか。


やったことはすべて成功なのである。』とある。


f:id:tamago0141:20160710060029j:plain


事象そのものには、良いも悪いもないのだね。


それにも関わらず、その事象に一喜一憂してしまうのは、どうしてなのだろうか?


自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていて、心を自分だと思っているからだね。


しかし、心は本当の自分ではなく、本当の自分(真我、満月、まんまる)は、誰もに内在する究極の全体意識になる。


事象に対して、心の反応を見つめることで、自分の内側を把握していく。


どんな事象であっても、すべてが自分を知っていく学びになるね。


今日も本当の自分に意識を向け続ける。

YSブログ研究会