命として一つと捉える

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ3」の頁100に、『医療の世界では、疾患のある部位によって、専門の医師や科が分かれている。

 

しかし、体はつながっており、目も耳も肺も胃腸も、更には心も、体として一つ、命として一つなのである。

 

それを分離して、その部位だけで考えようとするのは、人間の考えにほかならない。

 

頭痛がするからと言って鎮痛剤を飲んでも、問題は別のところにあるかもしれないのだ。

 

つながっているとう自然の摂理からではなく、物としての分離から見ていては時間がかかるし、的外れのことをやってしまう可能性があるのだ。

 

目に見えない心についても、人間は投薬で治療をするということをやってしまう。

 

心の状態が現象として体に現れるという、原因と結果の法則から施していけば、打つ手は的確になり、病気は治療するのである。』とある。

 

 f:id:tamago0141:20170423214603j:plain

 

人間を物として分離から見ていては、的外れのことをやってしまう可能性があるのだね。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いている個体意識だと、物事を細分化して捉えることが正しいと思い込んでしまいがちだね。

 

そうではなくて、全体から捉えることが重要になる。

 

そのためには、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我、満月、まんまる)に意識を向け続ける。

 

今日も本当の自分に意識を向け続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願い致します。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

満月の法則

YSブログ研究会