読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

認めたものが現れる世界

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ3」の頁116に、『物事の捉え方は、その人の捉え方である。

 

この人は良い人、この人は悪い人と捉えているのは、その個人の捉え方に過ぎない。

 

善い悪いは、その人の心が反映するものであるから、固定的な実態はないのだ。

 

認めたものが現れるという、心の仕組みがあるだけなのである。

 

この人は良い人と認めると、その人は良い人になる。

 

この人は悪い人と捉えたら、その人は悪い人になるのである。

 

良い人と認めたら、その人の良い部分をどんどん発見することになる。

 

その発見が、更に、その人は良い人だという確信につながる。

 

このように、すべては、自分が認めたものが現れる世界なのだ。

 

心は非常に便利なものなのである。』とある。

 

f:id:tamago0141:20160709145344j:plain

 

善い悪いは、その人の心が反映するものであるから、固定的な実態はないのだね。

 

物事を固定化して、これはこうだ、あれはああだとすることで、間違いが始まる。

 

目の前の現象が、過去の記憶と一致するからと言っても、5感では認識できないところが大きく異なっているかもしれない。

 

過去に上手くいったから、同じようにやったとしても、上手くいかないかもしれない。

 

目の前の現象をありのままに捉えることが重要だね。

 

そうしているつもりでも、さまざまな過去の記憶に囚われている。

 

そうならないためには、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我、満月、まんまる)に意識を向け続ける。

 

そうすることで、過去の記憶の囚われを外していく。

 

自分の素晴らしさに気づくことができ、それを認めることができるようになり、それが現象面に現れて素晴らしい人生を送ることができるね。

 

今日も本当の自分に意識を向け続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願い致します。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

満月の法則

YSブログ研究会