読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一つの価値観としての真理

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ3」の頁120に、『真理の受け止め方の二つ目は、真理という知識を、自分の価値観と並列に頭に置くパターンである。

 

価値観は価値観、真理は真理という知識で分離をするパターンである。

 

真我であるという真理は、頭で理解できるものではなく、また知識でもない。

 

万人に平等の宇宙の法則である。

 

宇宙の法則の上に生かされている私たちに、脳があり、その中に価値観や考えがある。

 

もともと、比較できるレベルにないものなのである。

 

しかしながら、人間は、まず頭で受け入れてしまうので、真理も一つの知識、考え方として捉えてしまう。

 

真理を一つの価値観として、そのような価値観もあるのだと、自分の価値観と並べて置いてしまうのである。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170503222642j:plain

 

真我であるという真理は、頭で理解できるものではなく、また知識でもないのだね。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、偽我の自分の中の基準(固定観念、価値観、先入観、思い込み、拘りなど)をベースに発想してしまう。

 

頭にインプットされたものが優勢になっているので、その頭に、真理を知識として入れてしまうのだね。

 

しかし、宇宙の法則の上に生かされている私たちに、脳があり、その中に価値観や考えがあることからすると、本来は、宇宙の法則の上に生かされていることをベースに発想することになる。

 

そのためには、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我、満月、まんまる)に意識を向け続けることだね。

 

それによって、宇宙の法則の上に生かされていることに気づくことができる。

 

今日も本当の自分に意識を向け続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願い致します。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

満月の法則

YSブログ研究会