読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真理はノウハウや手段でない

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ3」の頁124に、『真理の受け止め方の四つ目は、真理という知識の中に自分の価値観をいれてしまうパターンである。

 

真理を言葉や知識として学んで、自分なりの真理という価値観を基調とした上で他の良いと思われる知識や考え方を、都合良く混在していくのである。

 

真理は、知識の入力、いわゆるインプットではなく、自身の中からのアウトプットであるから、真理を頭で学ぶことはできない。

 

真理は、ノウハウでも、何かの手段でもない。

 

にもかかわらず、真理を一つの考え方として捉え、他にもよさそうなものがあれば、それも取り入れていくのである。

 

一見、真理を語っているように見えて、実は、頭の世界だけの話なのである。

 

学びの世界と同様、知識の中にない出来事に遭遇した場合には、対応ができない。』とある。

 

f:id:tamago0141:20160625071547j:plain

 

真理は、ノウハウでも、何かの手段でもないのだね。私は真我開発講座を受講してから、20年間、真我開発を手段として捉えていた。

 

その20年間は体感が得られることも無かったが、その間違いに気づいてから、体感が凄くなり、現在は24時間、体感している状態になった。

 

その違いがは何なのか?

 

どこに意識を向けているのかとも得るし、頭の使い方は違うと思う。

 

仕事なら、頑張らないとやった気がしないという感覚は、無くなるね。

 

真我に意識を向け続けると、本当に普遍なものにこそ価値があり、普遍でないものは、語弊はあるかもしれないけど、どうでも良いという感覚になってくる。

 

絶えず変化しているものを追い求めているのは、何なのだろうかと思えてくる。

 

今、この瞬間、喜びを感じていて、それが持続し続ける。

 

この喜びは、願望を実現するという喜び、偽物の喜びではないからこそ、持続し続けるのだね。

 

今日も本当の自分に意識を向け続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願い致します。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

満月の法則

YSブログ研究会