究極の完全なる目標設定

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ」の頁18に、『現時点から未来に向かって目標を立てると、本来の自分の役割とはかけ離れた目標を、自分の欲や損得で立ててしまうことになる。

 

本来、目標というのは、最も遠い未来から立てるべきものである。

 

最終目的地が決まってから、そこへ辿り着く道順が決まるのである。

 

アメリカに行く時は成田空港へ、北海道に行く時は羽田空港である。

 

死ぬ間際に、心から「素晴らしい人生だった」と思えることが、人生の最終目的地だ。

 

自らの死から人生を見た時、初めて、人生や時間の大切さがわかるのである。

 

そして、今日一日の生き方が変わってくるのである。

 

また、人は頭で神を知ろうとするが、不完全な心で完全な神が見えるはずはない。

 

完全なる神(宇宙意識)から人間を見、総てを見た時に、総てのものが全く違って見えてくるのである。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170510194908j:plain

 

死ぬ間際に、心から「素晴らしい人生だった」と思えることが、人生の最終目的になるね。

 

自分の欲や損得で目標を設定して、その目標を目指して生きていては、人生の最終目標を叶えることには繋がらない。

 

では、どうしたら良いのだろうか?

 

自分の欲や損得からの発想とは、対局からの発想で生きることになる。

 

完全なる宇宙意識からの発想で生きることだね。

 

そのためには、自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識を向けるのではなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我、満月、まんまる)に意識を向け続ける。

 

完全なるものに意識を向けると、自分が満たされてくる。

 

できていないことでなく、今、この瞬間、できていることに意識を向けると、自分が満たされてくるね。

 

今日も本当の自分に意識を向け続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願い致します。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

満月の法則

YSブログ研究会