読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無尽蔵に愛を人々に放つ

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ」の頁20に、『「自分、自分、自分・・・」と、自分のことばかりを考える人はエゴの人である。

 

人がどう見ているかが気になり、悲観的になり、ストレスが溜まる。

 

自らに壁を作り、個体化していく。

 

それに対し、「あなた、あなた、あなた・・・」と、いつもまわりの人に向かって愛を放つ人は、真の愛の人である。

 

自らの内にある真我の光をそのまま全体に向かって放つ人は、これからの愛の人である。

 

そういう人たちは、無尽蔵に愛を人々に放つことができる。

 

そして、自らにストレスが溜まることもなく、矛盾も生まない。

 

全体に向かって光を放つが、本当の愛の人なのだ。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170511193722j:plain

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、自らに壁を作り、個体化していくのだね。

 

そうなると、個体意識からの発想となり、偽我の自分の中の基準(固定観念、価値観、先入観、思い込み、拘りなど)に基づき、相手や自分を裁き続けながらの生き方になってしまうね。

 

この基準を満たしていない所ばかりが目に付き、マイナスと思いに耐える、もしくは、この基準を満たすために、頑張ることに一生懸命となる辛い日々を送り続けことになる。

 

どうしたら、そこから抜け出すことができるだろうか?

 

誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我、満月、まんまる)に意識を向け続けることだね。

 

そうすることで、偽我の自分の中の基準が薄れていき、相手や自分を裁くのではなく、相手や自分を認めることができるようになっていける。

 

今日も本当の自分に意識を向け続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願い致します。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

満月の法則

YSブログ研究会