教えで頭の中が一杯

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ」の頁46に、『心の世界を学ぶ人の中には、心をコントロールされてしまう人がいる。

 

マインドコントロールとは、一人の教祖的な人物から教えをもらい、その教えで頭の中をいっぱいにしてしまうことである。

 

そして、その考えしか頭に浮かばなくなってしまう状態である。

 

その結果、プログラム通りに動くロボットのようになってしまうのである。

 

これに対して真我とは、人から教わらなくてももともとある愛の心である。

 

あらゆる動物がもともと持っている宇宙の本能である。

 

親は子供を可愛がるのは、宇宙の本能なのである。

 

真我の心を出していくことと、マインドコントロールされることとは、全く正反対なのである。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170524192342j:plain

 

教えで頭の中を一杯にしてしまうと、プログラム通りに動くロボットのようになってしまうのだね。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いると、心に振り回され、その心をコントロールされてしまう。

 

ほとんどが妄想の中で生きていて、今に生きることができない。

 

過去の持ち越し苦労と未来への取り越し苦労の中で生きることになる。

 

では、どうしたら良いのだろうか?

 

誰もに内在する究極の全体、本当の自分(真我、満月、まんまる)に意識を向け続けることだね。

 

心が過去や未来に振れたら、今に戻す。

 

心が過去に行っていたら、自分を責めず、今に戻す。

 

心が未来に行っていたら、自分を責めず、今に戻す。

 

それを繰り返していくことで、心の振れ幅が小さくなっていき、心によるエネルギーの消耗が減り、どんどんエネルギーが高まっていく。

 

意識が高まり、気づきが増えていく。

 

今、この瞬間を喜び一杯で生きることができ、妄想の中から抜け出すことができるね。

 

今に生きることは、常に気分がとても良い状態であり、人生が素晴らしくなるね。

 

今日も本当の自分に意識を向け続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願い致します。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

満月の法則

 

YSブログ研究会