アウトプット型の思考回路

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ」の頁52に、『今までの学校教育は、ほとんどが知識を脳に詰め込むインプット型である。

 

そうやって記憶した知識や考えで生きると、本当の自分がなかなか出なくなってしまう。

 

問題があった時も、記憶したデータに基づいてしか判断できなくなってしまう。

 

さらには、人に責任転嫁するようになる。

 

しかし、英語でエデュケーションというように、本来、教育は引き出すものである。

 

自分を認め、本当の自分を引き出し、それを表に出していくのだ。

 

本当の自分を発揮するのだから、ストレスにならないし、後悔することもない。

 

アウトプットの世界は、人のせいにすることもなくなるのだ。

 

真我を開くことによって、真我から脳にアウトプットしていくのだ。

 

そこから出てくる直感やアイデアは、インプットした知識とは根本的に違うのである。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170527151617j:plain

 

真我から脳にアウトプットした直感やアイデアは、インプットした知識とは根本的に違うのだね。

 

下記のどちらの思考回路が、優勢であるのかで人生は変わってくるね。

 

< インプット型 >

記憶(外側) ⇒ 脳 ⇒ △△△(自分の役割・使命に合っていないかもしれない)

 

< アウトプット型 >
真我(内側) ⇒ 脳 ⇒ 〇〇〇(自分の役割・使命に合っている)

 

マインドコントロールされた人や妄想の中で生きている人は、100%インプット型の思考回路と言えるかもしれない。

 

それでは、チューリップなのにバラを目指してしまうような人生となってしまう可能性が高くなり、心が揺れまくりで、悩みや苦しみが多くなるね。

 

それにも関わらず、気づくことができないので、ずっーと、一過性の感覚の喜びを追い求め続けることになる。

 

アウトプット型の思考回路になるには、インプット型の思考回路から抜け出すことだね。

 

自分でも分からないような過去の記憶を含め、外側から植え付けられた記憶の囚われを外すことになる。

 

そのためには、自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識を向けるのではなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我、満月、まんまる)に意識を向け続けることだね。

 

さらに、アウトプット型の思考回路を強化するためには、瞑想した直後に、瞑想で感じたり気づいたりしたことをアウトプット(話したり、書いたりすること)することが、非常に有効だね。

 

瞑想で真我に意識を向けて、〇〇〇の確認を繰り返す訓練で、「 真我(内側) ⇒ 脳 ⇒ 〇〇〇(自分の役割・使命に合っている) 」の思考回路のパイプが、太くなっていくイメージになる。

 

アウトプット型の思考回路であれば、一過性の感覚の喜びではなく、永続的な本当の喜びで生きることができ、人生が素晴らしくなるね。

 

今日も本当の自分に意識を向け続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願い致します。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

宇宙に結ぶ「愛」と「叡智」 今を生きるための、ヨガと仏陀とキリストの教え

YSブログ研究会