元に戻そうとする力

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ」の頁66に、『神の力は、元に戻る力である。

 

人は時々、法則に反したことをする。

 

神は、それを元に戻そうとする。

 

例えば、振り子があれば、その振り子を、人間の手で持ち上げることができる。

 

それと同時に、その振り子を元に戻そうとする力も働いている。

 

しかし、手に持っている時は、その手の力の方が元に戻ろうとする力よりも強い。

 

人は、「私は病気だ」と自己暗示をかけて病気を掴んでいる場合がある。

 

しかし一方では、元に戻そうとする力(自然治癒力)も働いているのだ。

 

もとに戻ろうとするのが、神が作った完全なる健康な自分なのである。

 

自分で掴む力と、元に戻そうとする力の強い方が、現実になるのである。

 

もとに戻る力に沿って生きることで、人は健康に生きることができるのである。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170603225240j:plain

 

人は、「私は病気だ」と自己暗示をかけて病気を掴んでいる場合でも、元に戻そうとする力(自然治癒力)も働いているのだね。

 

自分とは何か、自分の使命・役割は何なのかと、大きなところから捉えようとするスタンスが重要だと思う。

 

現代の社会システムの価値観をベースにした勘違いしてしまっている状態で、その中の妄想から、闇雲な願望を追い求めて、仮に、つかの間の喜びがあったとしても、悩みや苦しみが待ち受けることになる。

 

それは、宇宙の法則に沿って生きていないからだね。

 

宇宙の法則に沿って生きるには、1日、24時間をどのように生きているかが重要になると思う。

 

下記のように、プラスとマイナスを定義した時、1日、24時間の全体で、プラスになるか、マイナスになるかが、宇宙の法則に沿って生きているか、生きていないかの基準になるかと思う。

 

プラス  : 真我に意識を向けている ⇒ 業・カルマの浄化

 

マイナス : 偽我に意識を向けている ⇒ 業・カルマを積む

 

1日、24時間の全体に対して、瞑想と「真我の実践」を唱えていれば、プラスになる。

 

瞑想をしたのにとか、真我開発講座を受講したのにとか、一時的なことではなく、1日、24時間の全体に対して、プラスで生きているのか、マイナスで生きているのかが、とても重要だね。

 

誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我、満月、まんまる)に意識を向け続ける。

 

今日も本当の自分に意識を向け続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願い致します。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

宇宙に結ぶ「愛」と「叡智」 今を生きるための、ヨガと仏陀とキリストの教え

YSブログ研究会