業は消えてなくなる

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ」の頁70に、『ここに、一億年前からの暗闇があったとする。

 

また、こちらに昨日からの暗闇があったとする。

 

同時に上から光を当てたら、どうなるだろうか。

 

両方とも、一瞬のうちに明るくなるはずだ。

 

暗闇は業(カルマ)であり、光は神の愛である。

 

たとえ、あなたが先祖代々からの業や前世からの業を背負っていたとしても、神という光の前では、一瞬のうちに明かりに変わってしまうのだ。

 

あなたが神の愛を自覚した瞬間、総ての業は消えてなくなるのである。

 

どれだけ深い業を抱えていたとしても、神の光はあなたの業を消してしまうのだ。

 

神は全知全能なのだ。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170605195418j:plain

 

自分とは何なのかが分からずして、何でも思い通りになることで喜べる、このような価値観、思い込みは、非常に強固だなと思う。

 

思い通りの人生になったら喜び一杯で良いではないかと言う人が、大半を占めるのではないかと、ふと思った。

 

思考が現実化する、想念のパワーで、思い通りの人生になったら、とても喜べるのは、当たり前だと言う思い込みは、非常に強固だね。

 

しかし、その喜びは、本当の喜びではなく、宇宙の法則に沿っていない、真理を知らない無知な人生と言える。

 

仮に、想念のパワーで、どんどん思い通りになっていたとしても、どうしても満たされない自分に気づくことになり、そこで大きな悩みや苦しみが生じることになる。

 

本当の喜びで生きるには、自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識を向けるのではなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我、満月、まんまる)に意識を向けることだね。

 

そのことで、自分とは何であるかに気づくことができるね。

 

どんどん本当の自分に気づいていくことが、人生の目的そのものであることに気づくことができる。

 

今日も本当の自分に意識を向け続ける。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願い致します。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

宇宙に結ぶ「愛」と「叡智」 今を生きるための、ヨガと仏陀とキリストの教え

YSブログ研究会