人生で一番大切なもの

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ」の頁72に、『人生において、何が一番大切なのだろうか。

 

あなたは「一億円あげるから、死んでください」と言われて、死ねるだろうか。

 

人は、一番大事なものを忘れ、大変愚かなことをしているのだ。

 

大切な肉親を裏切ったり、憎しみ合ったり、戦争をしたり、自らの寿命を縮めたりしているのだ。

 

最も大切なものを忘れてしまっている。

 

神から預かった命を一番にするのか、人の作ったお金やモノを一番にするのか。

 

あなたの乗っている船が、今まさに沈もうとしていたら、あなたは目の前にある金の延べ棒を掴むだろうか、それとも丸太棒を掴むだろうか。

 

丸太棒は、あなたはの命を救うことができる。

 

あなたの周囲にも、丸太棒のようにあなたを救う大切なものがあるのだ。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170606212049j:plain

 

神から預かった命を一番にするのか、人の作ったお金やモノを一番にするのかで、人生は変わってくるのだね。

 

お金やモノよりも、命が一番であるのなら、その命とは何なのかに気づいていくことが大切だね。

 

自分は自分で生きてると思い込んでいるとしたら、自分を見つめることで、本当にそうだとは思えなくなるね。

 

内臓や血液の流れなどは、何か分からないけど制御されている。

 

自分は自分で生きていると言うより、何かよく分からないけど、生かされている存在であると思えてくるね。

 

その生かして頂いているところに、意識を向け続けることで、本当の自分とは何かに気づける。

 

誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我、満月、まんまる)に意識を向け続けることで、いろいろな気づが生じてくるね。

 

今日も本当の自分に意識を向け続ける。

YSブログ研究会