本物と偽物が区別される

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ」の頁80に、『これからは本物の時代である。大地震に見舞われた時、壊れる家と残る家がある。

 

その時に初めて、建築業者が手抜きをしないで建築したかどうかがわかる。

 

今、ビジネスだけでなく、医療や教育など、あらゆる分野に地殻変動が起きている。

 

こういう厳しい時代には、本物しか残っていけない。

 

まさに今、本物とニセモノが区別される時期なのだ。

 

本物とは、自らが成長し、人に喜んでもらうことによって、適切な代価を受け取る人や会社のことである。

 

バブルの崩壊は、自らが成長することも、人に喜んでもらうこともせず、ただお金だけを追いかけ、株や土地への投機に走った結果なのである。

 

現在のような、先行きの見えない厳しい時代こそ、本物の時代なのである。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170610055432j:plain

 

まさに今、本物とニセモノが区別される時期なのだね。

 

瞑想を始めてから1年5ヵ月が経過し、本当の自分に意識を向け続けていると、自分は宇宙からのパワーを頂いて生かされている存在としか思えなってきた。

 

ご飯を食べて、そのエネルギーで生きているのではなく、見えないエネルギーで生かされている。

 

そのエネルギーにも、本物と偽物があるね。

 

あの人にはオーラがあるとか、芸能人のオーラは凄いねとか、よく聞いたりするけど、そのエネルギーは、ほとんどが宇宙からのパワーである本物のエネルギーではないと思う。

 

本物のエネルギー : 心を超えたところからのパワー(宇宙、真我からのパワー)

 

偽物のエネルギー : 心からのパワー(偽我からのパワー)

 

現代社会では、偽物のエネルギーが強い人が成功していたりするので、勘違いしやすい。

 

競争し、頑張ることを良しとする価値観をベースとした社会では、心からのパワーで人に影響を与える人が、成功しやすのだね。

 

しかし、そのような成功者は、心の奥底では満たされていなく、不足感があるから、それを解消するために、もっともっと言う発想になるね。

 

心からのパワーで成功し、どんどん不調和な人になっていく。

 

これでは、特大の悩みや苦しみの宇宙からのメッセージが来ることになる。

 

まあ、それは、調和することに気づかせてくれる有難いものだけどね。

 

お釈迦様は、偽我で生きるのではなく、真我で生きることが、最高の勝利者であると言っているけど、本当にそうだなと思う。

 

そのためには、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我、満月、まんまる)に意識を向け続ける。

 

今日も本当の自分に意識を向け続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願い致します。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

宇宙に結ぶ「愛」と「叡智」 今を生きるための、ヨガと仏陀とキリストの教え

YSブログ研究会